更年期障害が起こる年齢・症状は男女で異なる?

更年期障害は女性特有のものと考えられてきましたが、最近は個人差こそあるものの、男性にも更年期障害があることが明らかになっています。更年期障害があらわれる年齢や症状は男女で異なるのか、この記事で解説します。

女性の更年期障害が起きる年齢は?

  • 女性の更年期障害は、一般的に40代後半から50代前半に起こると言われている
  • 卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因
  • 女性ホルモンが減少すると、月経(生理)不順やほてり、のぼせといった症状が出てくる

女性の更年期障害の主な症状

突然のほてり、のぼせ

  • 自律神経の乱れが原因で起こるもので、「ホットフラッシュ」とも呼ばれる
  • 突然顔が熱くなったり、首や背中などから汗が流れてくることが知られているが、反対に手足が冷えてしまう症状が出ることもある

イライラ、不安感

  • 感情の波が激しく、自分でもコントロールできない状態になってしまう症状
  • 集中力の低下や無気力状態といった症状もみられる

肩こり、腰痛、頭痛

  • 自律神経の乱れによって血液循環が悪くなるために起こる
  • 頭痛や頭が重くなる症状は、昔から頭痛持ちだった方や、月経(生理)前後に頭痛になることが多かった人にあらわれやすい

めまい、耳鳴り

  • 自律神経の乱れによって血管の機能が乱れ、血圧が安定しなくなるために起こる

疲労倦怠感

  • 更年期でホルモンバランスが崩れると、全身のだるさや疲れやすさといった症状がみられる

性生活の変化

  • ホルモンバランスが崩れると腟の乾燥や委縮が起こるため、性行為中に痛みを感じやすくなる。その結果、性欲の低下や、性行為が苦痛になることがある

男性の更年期障害が起きる年齢は?

  • 男性の更年期障害も、女性と同じく40代後半から50代前半に起こることが多いと言われる
  • 女性と異なり、男性ホルモン(テストステロン)は緩やかに減少することが多く、症状があらわれる時期や程度は女性以上に個人差があると言われる

男性の更年期障害の主な症状

筋力の低下、疲労感

  • 男性ホルモンの減少によって筋肉や骨を丈夫にする働きが弱くなった結果、筋力低下やそれに伴う筋肉痛、疲労感があらわれる
  • 女性と同じく、ほてり(ホットフラッシュ)や発汗、頭痛、めまいといった症状もみられる

抑うつやイライラ、不眠

  • 男性ホルモンの減少によってネガティブな感情をコントロールする働きが弱くなり、不安を感じやすくなったり、ささいなことでイライラしたりする
  • 抑うつや不眠、それに伴う集中力や記憶力の低下などもみられる

ED、性欲減退

  • テストステロンには、ドーパミン(興奮作用のある神経伝達物質)を増やす効果がある
  • テストステロンが減少すると、ED(勃起不全)や性欲の減退といった症状がみられる

30代で更年期障害になる場合もあるの?

  • 更年期障害はホルモンの減少によって40代後半から50代前半にあらわれる症状のため、30代で発症することはない
  • ただ近年、男女を問わず20代から30代の人に更年期障害のような症状に悩まされる方がいる
  • その原因として、生活習慣の乱れ(不規則な生活、睡眠不足、過度のストレス、運動不足など)が考えられる

まとめ:更年期障害があらわれる年齢は男女とも同じ

  • 更年期障害が始まる年齢は、男女とも40代後半から50代前半
  • 症状も男女ともほぼ同じ。ただし、男性はエストロゲンの減少がゆるやかなため、女性も以上に症状の現れ方に個人差がある
  • 30代で更年期障害のような症状がみられるのは、生活習慣の乱れが原因

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

更年期というと女性に特有のように思われますが、最近ではLOH症候群 (late onset hypogonadism 加齢性腺機能低下症)と言って男性にも更年期障害のような一連の症状が出現しうることが指摘されています。

この疾患はおもにテストステロンの加齢性の低下によって起こります。

テストステロンの低下はどなたでも加齢とともに起こるためある程度不可避なものと言えますが、LOH症候群の方にはそれに加えて睡眠不足や栄養素の不足などの改善可能な要因があると指摘されています。

LOH症候群はまだあまり認知されておらず診断されづらい疾患ですが、生活の質の低下につながります。まずはLOH症候群という疾患が存在するということを認識し、目の前の方に当てはまるかどうか考えていただくのが重要と思います。