頭痛にカロナール®が効かないとき、ロキソニン®︎に変えてもいいのか

頭痛を和らげるためにカロナール®を処方された方が、効かないからロキソニン®に変えたいと薬局を訪れたとき、そのままロキソニン®を販売してもよいのでしょうか。この記事では、カロナール®が効かなかった原因として考えられることと、ロキソニン®を求めている方への対処法を解説します。

カロナール®は頭痛に効果がない?

  • カロナール®は、アセトアミノフェンを成分とする解熱鎮痛薬の一種
頭痛薬として処方されても効果がない理由
  • ロキソニン®などのNSAIDsと比べて抗炎症作用が低い
  • 服用量が少ない

カロナール®の1日あたりの最大服薬量は、以前は500mgだったものが現在は1,000mgまで引き上げられています。用量が少なかったために、頭痛に対して十分な効果を発揮できていなかったのではないかと考えられます。

頭痛でカロナール®の服用する場合の用量は?

  • 成人の場合、通常1回あたり300〜1,000mgを経口投与
  • 投与間隔は4〜6時間以上
  • 1日あたりの服用量は最大4,000mgまで。ただし、年齢や症状によって増減することがある
  • カロナール®錠剤は3種類(カロナール®錠200、カロナール®錠300、カロナール®錠500)
頭痛改善目的で服用する場合の服用量および1日あたりの上限
  • カロナール®錠200:1回あたり5錠、1日あたり20錠が上限
  • カロナール®錠300:1回あたり3錠、1日あたり13錠が上限
  • カロナール®錠500:1回あたり2錠、1日あたり8錠が上限

カロナール®︎が効かないとき、ロキソニン®︎に変えてもいいのか?

  • カロナール®が効かないとき、ロキソニン®に変えると頭痛が和らぐ
  • ただし、ロキソニン®には胃の粘膜にダメージを与える副作用がある
  • インフルエンザのときにロキソニン®を服用すると、インフルエンザ脳症を引き起こす恐れがある
  • 医師からカロナール®を処方されている場合、安易に市販のロキソニン®に切り替えるのは控え、必ず医師に相談するよう促すことが大事

ロキソニン®はカロナール®と同じく、痛みを引き起こす原因物質(プロスタグランジン)の生成に必要な酵素(COX:シクロオキシゲナーゼ)を阻害し、痛みを和らげる作用があります。この作用はカロナール®より強いため、痛み止めとしてロキソニン®を使う方も多くいます。

しかし、プロスタグランジンには胃粘膜を保護する作用もあるため、ロキソニン®の服用によって胃の粘膜が荒れる恐れがあります。また、インフルエンザ脳症を引き起こす恐れもあります。したがって、安易に市販のロキソニン®に切り替えさせず、まずはカロナール®を処方した医師に相談するよう促すことが大切です。

カロナール®は授乳中も服用できる?

  • カロナール®は授乳中の女性でも服用できる
  • ロキソニン®など、ほかの解熱鎮痛薬と比べて副作用が出にくい

カロナール®の主成分であるアセトアミノフェンは、子供用の解熱鎮痛薬としても処方される、効き目が穏やかな成分のため、妊娠中および授乳中の女性が服用しても胎児への影響は比較的出にくいといわれています。

まとめ:カロナール®は安全性が高い反面、頭痛緩和の効果はやや低い

  • カロナール®は、子供や妊婦、授乳中の女性でも比較的安全に服用できる
  • その反面、ロキソニン®などと比べて効き目が弱い
  • カロナール®では頭痛を緩和できない場合、ロキソニン®に切り替えるのではなく、まずは医師に相談するよう促す

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

カロナール®︎とロキソニン®︎では作用機序が異なり頭痛緩和につながる可能性があります。しかし、副作用も大きく異なるため十分な注意が必要です。

また、カロナール®︎は1000mgまで内服可能ですが、4000mgで肝障害が起こる可能性があり、カロナール®︎の大量内服による肝障害は致死的となります。

海外では多量服薬による死亡者が非常に多く、手軽に使用できる薬ではありますが使用法を誤ると非常に危険な薬であることは意識する必要があるでしょう。