タールの数値が低いタバコを選べば、健康への影響が小さくなる?

タール1mgや「ライト」といった表記がある、いわゆる低タールのタバコは、タール20mgなどと書かれたタバコと比べれば体への影響は少ないイメージがあります。そのイメージ通り、低タールのタバコを選べば、体にかける負担を小さくできるのでしょうか。

タールの数値が低いタバコは健康への害が少ない?

  • タールは多くの発がん性物質を含む有害物質のひとつ
  • 「タールが少ない」と明記されているタバコは、タールが多いタバコと健康被害の程度は変わらない

タバコ1本に含まれるタールやニコチンの量は、パッケージに記載されているタールやニコチンの数値とは関係ありません

この数値は、一定の条件下で機械が吸引した煙を分析(※)したものです。フィルター部分の空気穴の数や紙巻きの種類によって、この数値は変わります。たとえば、空気穴が多かったり、空気を通しやすい紙巻きが使われているタバコは、ニコチンやタールの測定値が低くなります。

しかし、実際にタバコを吸うとき、この空気穴は指で塞がれてしまうのでほとんど機能しません。また、軽いタバコを吸う方は、満足感を得るために深く吸いこんだり、あるいは根元まで吸ったりしがちなので、結果的にタールの数値が高いタバコとほとんど変わらない摂取量になります。

(※)分析について
タバコのパッケージに記載されているタールやニコチンの数値は、機械で1分あたり2秒間、1回35ccの吸引でタバコ3cm残して吸ったときの測定値といわれています。ただ、実際には1分あたり2秒以上吸う方がほとんどと考えられるため、正確な数値とはいえません。

肺がんリスクが高いのは、タールが少ないタバコだったって本当?

  • タール0~7mgのタールが少ないタバコと、タール8~14mgのタバコとで肺がんリスクを比較分析した調査を実施。その結果、「低タールのほうが肺がんリスクは高い」という結果が出た
  • タールが少ないタバコを吸っている人の多くが、パッケージに表示されている数値よりも多くのタールやニコチンを吸引している可能性がある

まとめ:タールが少ないタバコでも健康への影響は大きい

  • 低タールのタバコを選んでも、体にかける負担はタールが多いタバコと大差ない
  • 満足感を得るために、深く吸い込んだり、根元まで吸ってしまったりすると、箱に記載された数値以上のタールを吸い込んでしまうリスクがある

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

低タールという売り文句は健康への悪影響が少ないという印象を消費者へ与えますが、この記事にあるように実際には吸入の方法などで実際に吸い込む量は異なってきます

また、タバコにはタール以外にも体に悪い影響を及ぼす物質も多く含まれており、注意が必要なことには変わりありません。低タールだから大丈夫、と安易に考えないようにしましょう。

関連タグ