乾燥で足裏やかかとがガサガサ・コチコチに。ケアのポイントは?

朝の身じたくのとき、ふとかかとや足裏の乾燥や角化に気付いて、乾燥が気になる季節がやってきたなぁ、と感じる方が増えてくる季節です。この記事では、かかとや足裏がガサガサ・コチコチになる原因とともに、ケアのポイントをご紹介します。

足裏やかかとがガサガサ・コチコチになる原因は?

  • 通常、肌は角質細胞間の水分や、毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂によって適度な水分量と滑らかな肌を維持している
  • しかし、足裏には毛がないため皮脂分泌がされない
  • 冬の乾燥した空気に加え、暖房器具の使用で肌の水分が逃げやすくなった結果、乾燥したり角化したりする

ガサガサ(乾燥)・コチコチ(角化)とは

乾燥
皮脂と水分不足によって皮膚のひび割れ、めくれ、粉ふき、かゆみを引き起こす
角化
乾燥、摩擦や圧迫で正常なターンオーバーが損なわれ、角質が溜まって皮膚が硬くなる

乾燥と角化は見た目と手触りから見分けることができます。どちらの症状かによって、適切なケアが異なります。

ケアのポイント:乾燥の場合

  • 乾燥の場合、症状にあわせた保湿ケアが改善のカギ
粉ふきや軽いかゆみなど、軽度の乾燥の場合
化粧水タイプの薬剤でケア
ひび割れや皮のめくれなど、重症の場合
クリームやオイルタイプの薬剤でケア

日中はもちろん、寝るときも靴下を履くと乾燥を防ぐことができます。

なお、1回に塗る保湿クリームの量は、指先から第一関節までの長さが最適です。また、入浴後を中心に1日に数回、マッサージしながら患部に塗るのがおすすめです。

角化した足裏やかかとのフットケアのポイントは?

  • 角化のケアは、角質の硬さによって変える
角化した部分にまだ弾力性があって柔らかい場合
尿素配合の保湿クリームを塗りこんで、少しずつ柔らかくするのが効果的
弾力性がなく、少し硬くなっている場合
角質ケア用のやすりや軽石・スクラブなどで角質をこすり落とし、保湿クリームを塗る
何層にも角質がたまって、たたくと音がするくらい硬い場合
入浴で十分に柔らかくしてから軽石でこするか、電動の角質削りで角質を除去する

なお、いずれの角質ケアも、やり過ぎると角化を悪化させる恐れがあります。角質ケアできれば2週間に1回、多くても1週間に1回程度にしましょう。また、角質を削るときも、皮膚を傷つけないよう少しずつ行ってください。そして、乾燥は角化を悪化させるため、保湿を行うのも大切です。

ケアをしているのに改善しないときは?

  • 乾燥・角化ケアを欠かさず行っても改善しない場合、水虫の可能性がある
  • 水虫は白癬菌(はくせんきん)が角質層に入り込み、増殖して皮膚のただれや水疱、乾燥した状態にする皮膚疾患
  • 水虫は男性がかかりやすく、足指の間がじゅくじゅくになるというイメージがあるが、最近は乾燥タイプの水虫を発症する女性が増えている
  • 改善がみられない場合は、皮膚科で水虫かどうかを検査してもらうのがおすすめ

乾燥タイプの水虫の特徴

  • かゆみが少ないが治りにくい、白癬菌による水虫症状の一種
  • 足裏全体の皮膚が厚く、硬くなってひび割れる

まとめ:足裏やかかとのガサガサには、症状にあった角質&保湿ケアを

  • 足裏やかかとのガサガサは、乾燥した空気の影響で起こる乾燥や角化の症状
  • 乾燥または角化のどちらが原因かや、症状の程度によってケアの仕方が変わる
  • 適切なケアを続けても症状が改善しない場合は水虫の可能性もある

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

乾燥タイプの白癬はあまり自覚されづらく、ただの乾燥肌と考えられ放って置かれることも多いです。しかし、白癬では皮膚のバリアの破壊が起き、そこからの皮膚軟部組織の感染症の続発などのリスクがありますので、正しい知識を周知することが大切です。