コレステロール値を下げる薬の副作用は?

コレステロール値を下げたいとき、生活習慣の改善に取り組むのが基本ですが、場合によってはコレステロール値を下げる薬を服用することもあります。その場合、どのような副作用が起こる可能性があるのでしょうか。この記事で解説したいと思います。

脂質異常症とは

  • 脂質異常症は、2007年から用いられるようになった名称。高コレステロール血症、高脂血症に分類されていたものが統一された
  • 悪玉コレステロール(LDL)、中性脂肪(トリグリセライド)、善玉コレステロール(HDL)のいずれか、または複数に異常がみられる状態
  • 動脈硬化を進行させて、心疾患や脳血管障害を引き起こすリスクとなる
  • 治療は食生活や運動、睡眠といった生活全般の見直しを行うことが基本だが、並行してコレステロールの値を下げる薬を使うこともある

コレステロールを下げる薬の種類

スタチン系製剤

  • 肝臓のコレステロール合成を抑える薬
  • 副作用として、横紋筋融解症を発症させることがある

抗酸化薬

  • コレステロールを減らすとともに、動脈硬化の進行も抑える

コレステロール吸収阻害薬

  • 腸でのコレステロールの吸収を抑え、血中コレステロール値を低下させる
  • 副作用として、便秘や腹部の膨満感が起こることがある

フィブラート系製剤

  • 中性脂肪を低下させる
  • スタチン系製剤と同じく、副作用として横紋筋融解症を発症させることがある

EPA製剤

  • EPAとは不飽和脂肪酸のこと。体内でエネルギーをつくる際に大切な物質
  • 悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を減少させる働きがある

ニコチン酸誘導体

  • 水溶性ビタミンB群の一種。糖や脂質、タンパク質の代謝を助ける
  • タバコに含まれるニコチンとは異なる

横紋筋融解症とは

  • 横紋筋は筋組織を構成する筋肉のひとつで、骨格筋とも呼ばれる。細長い筋線維の集まりで,特有の横紋があり、随意運動に関わる
  • 横紋筋融解症は、横紋筋の細胞に含まれる物質が大量に血液中に溶け出して、全身状態を悪化させる病気
  • 発症すると、初期は体の痛み(特に、筋肉が多い太もも)が痛くなることが多い
  • その後、手足の力が入らない、血尿が出るといった症状がみられる

横紋筋が溶けて血中に成分が流れ出すと、腎臓の尿細管が詰まります。尿細管が詰まると急性腎不全が起こり、尿が出なくなってむくみが生じたり、発熱や腹痛、呼吸困難といった全身症状につながります。また、カリウムやリンなどが血液中に過剰に流れ出すことで、心臓の拍動に異常が生じることもあります。重症化すると命に関わることがある病気です。

もし、コレステロールの薬を服用を始めてからこうした症状が現れた場合は、副作用の可能性があるのでかかりつけの医師に相談するよう促してください。

コレステロールを下げる薬の副作用で認知症になる?

  • 海外では、コレステロール値を下げる薬で認知機能の低下が起こる可能性が指摘されている
  • ただし、認知機能の低下がコレステロールの薬によるものか、加齢に伴うものかの判断が難しいため、現時点では明確に証明されたとは言えない

まとめ:コレステロール値を下げる薬には横紋筋融解症を発症リスクがあります

  • 脂質異常症でコレステロール値が高いとき、生活習慣の改善に加え、コレステロール値を下げる薬を服用することがある
  • コレステロール値を下げる薬の副作用として、便秘や腹部膨満感のほかに横紋筋融解症がある
  • 横紋筋融解症の初期症状は体の痛みだが、進行すると手足に力が入らなくなったり、血尿が出たりする
  • 気になる症状が出てきたら、かかりつけの医師に伝えるよう促す

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

脂質異常症に対するスタチン系の薬剤は心血管系疾患の予防にはとても大切な薬剤ですが、記事にあるように横紋筋融解症という重大な副作用を起こすリスクがあります。

横紋筋融解症が起きる頻度自体はとても低いのですが、スタチンを内服している母集団が非常に多いため、実際には横紋筋融解症の発症数自体は無視できません

横紋筋融解症は血尿が出たり全身の筋肉痛などのわかりやすい症状が出れば診断は容易ですが、中にはなんとなく元気がない、力が入りづらいなどの軽微な症状を訴える方も多く、これらの方はそのまま未介入のままでは重症化する可能性があります。

薬局ではこれらの軽微な症状がないかどうかにも注意して問診していただくことが、横紋筋融解症の進展を未然に防ぐために大切と思われます。