緑茶のカテキンでメタボを解消できる?

「緑茶でメタボを解消!」といった話を聞いたことはありませんか?緑茶を飲めばやせられるなんて夢のようですが、本当なのでしょうか。この記事では、緑茶に含まれるカテキンの効果とともに、カテキンと組み合わせることで相乗効果を得られるものについても解説していきます。

緑茶のカテキンがメタボ解消に役立つ?

  • メタボ(メタボリックシンドローム)とは、食生活の乱れや運動不足で内臓脂肪が蓄積した結果、脂質異常や高血糖、高血圧のうち2つ以上に該当している状態のこと
  • カテキンには、体内の脂質代謝を活性化させて体脂肪を減らす効果があることが判明

やや太めの男女80名を2つのグループに分け、食事内容と運動量は変えずに、一方には高濃度茶カテキン飲料(1本あたり茶カテキン588mg含有)を、もう一方には通常の茶カテキン飲料(1本あたり茶カテキン126mg含有)を1日1本、12週間飲み続けてもらったところ、高濃度茶カテキン飲料を飲んだグループは、通常の茶カテキン飲料を飲んだグループに比べて体重やBMI、腹部脂肪量(内臓脂肪量、皮下脂肪量)が減少傾向にあることがわかりました。

そのほか、高濃度茶カテキンの摂取を続けることで、生活動作による脂肪燃焼量や食事から摂取した脂肪の燃焼量が増えること、肝臓や筋肉での脂質代謝が活性化することも明らかになっています。

カテキンとカフェインの相乗効果で肥満を抑制

  • 茶カテキンとカフェインが組み合わさると、緑茶と同様の脂肪蓄積抑制作用があることも判明
  • 茶カテキンとカフェインが持つ、脂肪細胞や肝臓の脂質代謝を改善する作用や、体内の熱産生機能を促す作用が関わっていると考えられる

緑茶+運動で、さらにメタボ解消効果がUP!

  • 茶カテキンの継続摂取と歩行運動を両方とも行った人に、日常的な脂肪燃焼量が上がっていることが判明
  • 効率よく脂肪を燃焼させたい方や、メタボ消費したい方、メタボ予防効果をより向上させたい方は、緑茶の摂取に加えてウォーキングなども並行して行うとよい

まとめ:緑茶のカテキンにはメタボ解消効果があります

  • 高濃度茶カテキン飲料を飲むと脂肪を燃焼しやすくする効果があることが明らかに
  • カテキンとカフェインを組み合わせると、脂肪蓄積抑制作用がある
  • カテキン摂取と運動で脂肪燃焼をさらに促すこともできる

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

緑茶に含まれるカテキンには様々な健康効果が報告されており、緑茶は海外でもとても流行しています。緑茶にはカフェインも含まれており、緑茶を飲むだけでカフェインとカテキンの相乗効果が得られるわけですが、実は緑茶に含まれるカフェインの量は比較的多く、過剰摂取による副作用にも注意が必要です。
緑茶を飲みすぎて動悸、気持ち悪いなどの症状が出るようであれば飲みすぎかもしれません。