かくれ脱水のチェックリストで脱水・熱中症を予防しよう!

はっきりした体の変化が現れない「かくれ脱水」は、なかなかサインに気づけないため対処が遅れて重症化してしまうことがあります。また、脱水症や熱中症は屋外・屋内を問わず起こる可能性があります。この記事では、かくれ脱水のチェック方法と脱水・熱中症の予防方法について解説します。

かくれ脱水ってどんな脱水?どうやって気づけばいいの?

  • かくれ脱水とは、はっきりした症状が出ない脱水症のこと
  • 通常の脱水症は、ひどくのどが渇く、吐き気、めまい、感情の変化といった症状がみられるが、かくれ脱水では口の中のねばつき、便秘、夏バテのような疲労感といった変化がみられる

かくれ脱水は脱水症の前段階のようなものなので、放置すると症状が進んで脱水症に陥り、重症化してしまう恐れがあります。

かくれ脱水セルフチェックリスト

体の変化チェック
  • 肌の乾燥ひどくなった。かさつくようになった
  • 皮膚がぽろぽろ崩れてくる
  • 口がねばつくように感じる
  • 唾液が出なくなったような気がする
  • 食べ物やつばを飲み込みにくい
  • 便秘になった。もともとあった便秘が悪化した
  • むくみがひどくなった
  • 下着や靴下のあとが、なかなかとれなくなった
  • 集中力が散漫で、イライラしがちだ
環境チェック
  • 最近、日光に当たる時間や外にいる時間が1時間以上ある
  • トイレが近いなどの理由で、寝る前に水分を控える習慣がある
  • アイスやシャーベットなど、冷たい食べ物をよく食べる
  • 利尿薬を飲んでいる

体の変化チェックと環境チェックのどちらも、ひとつでも当てはまるようならかくれ脱水の可能性があります。脱水症に進行しないよう、こまめに水分を摂り、暑いところや直射日光が当たる場所に長時間いないようにするといった対策をとってください。

特に高齢者や子供、糖尿病や心臓病、高血圧などの持病がある方は脱水症が悪化しやすいといわれています。早めに病院に行くよう促しましょう。

脱水症は熱中症の原因にもなる?

  • 熱中症は、体の水分と電解質(塩分)のバランスが崩れてしまい、体温調節ができなくなることでも発症する
  • 予防するには、こまめに水分補給すること、日陰を利用すること、暑さや直射日光を避けることが大切(脱水症の予防と同じ)
  • 外出時は日傘や帽子、ペットボトル飲料を持ち歩くのがおすすめ
  • 万一に備えて経口補水液を持ち歩くと安心。最近は携帯しやすいゼリー状のものも販売されている
  • 脱水症は室内で起こることもあるため、エアコンを使って症状が出ないようにすることも重要

室内で過ごすときの対策

  • エアコンで室内の温度を調節する(設定は28℃が推奨されています)
  • 窓を開け、風通しを良くして湿度の上昇を避ける
  • 遮光フィルムやすだれなどで、直射日光を遮る
  • 可能なら断熱材で外気の熱を遮断する
  • ゆったりした服装を心がけ、吸汗性の優れた肌着を身につける

まとめ:夏バテや便秘など、ちょっとした体調の変化はかくれ脱水かも。予防対策を忘れずに

  • かくれ脱水ははっきりとした体調の変化が現れないことがあるので、サインを見逃してしまい重症化してしまうことがある
  • チェックリストで確認し、疑わしいサインがある場合はこまめに水分補給をして周囲の環境を整える。持病のある方は病院に相談する
  • 脱水症は熱中症の原因にもなる

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

むくむのがいやだからといって夏場に水を控えると、すぐに脱水になってしまいます。喉の渇きを覚えた頃にはかなり脱水は進行していますから、喉が乾いたと感じていなくてもこまめな水分摂取を心がけるよう伝えましょう。脱水のリスクは、活発なお子さんや美容に気を遣う若い女性、工事現場で働く男性から自宅で休む高齢者まで、あらゆる世代の方にあります。夏場は特に、こまめな休憩、こまめな水分補給を心がけるよう声をかけましょう。