睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは?

よく眠れない、寝つきが悪いなどの症状に陥ったとき、睡眠改善薬や睡眠導入剤といった薬が処方されることがあります。この睡眠改善薬や睡眠導入剤には、どんな違いがあるのでしょうか?それぞれの違いや服用時の注意点について解説します。

睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは?

睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは、それぞれの薬が対象とする「症状」と「入手方法」から説明することができます。

「症状」の違い

睡眠改善薬
精神症状が原因でない、寝つきの悪さや睡眠の浅さなどの一時的な不眠症状がみられる
睡眠導入剤
精神症状が原因のものを含む、慢性的な不眠症状がみられる

「入手方法」の違い

睡眠改善薬
処方箋なしで、薬局やドラッグストアなどで購入できる(OTC医薬品)
睡眠導入剤
医師に処方してもらって初めて薬局で入手できる

そのほか、効き目は一般的に「睡眠薬」と呼ばれることもある睡眠導入剤よりも睡眠改善薬の方が緩やかで、自然に近い入眠が期待できるという効果の違いもあります。

睡眠改善薬を服用してよい期間は?

睡眠改善薬は比較的効き目が緩やかとはいえ、連続使用は基本的には2~3日程度にとどめ、長期連用は避けるべきとされています。

長期連用を避けるべき理由

  • 耐性ができるのが早く、2日目以降には効き目が悪くなる
  • 中枢神経を麻痺させて眠りを誘うため、常用すると慢性的な集中力・判断力の低下を招く
  • あくまで一時的な不眠症状の緩和が目的のため、不眠症の治療にはつながらない

薬の成分そのものに耐性ができるため、製薬会社が異なる別の睡眠改善薬を服用しても、成分が同じなら効果が得られない状況は変わりません。

また、睡眠改善薬の対象となる「一時的な不眠症状」は3日までの連続的な不眠のことを指し、それ以上の日数まで症状が続く場合は慢性的な不眠の可能性が高いです。睡眠改善薬は長期的に常用する薬ではありませんので、症状の改善程度にかかわらず、3日以上の連用は避けてください。

処方された睡眠導入剤と睡眠改善薬を一緒に服用してよいか

  • 睡眠改善薬と睡眠導入剤では基本的な作用が異なる
  • 一緒に服用すると、相互作用によって思わぬ副作用を招く恐れがある

もし、医師から睡眠導入剤の処方・服用の指示を受けているのであれば、睡眠改善薬を服用してはいけないことを伝えましょう。睡眠改善薬と睡眠導入剤を同時服用することがないよう、注意を促してください。

睡眠改善薬と一緒に服用してはいけない薬は?

  • 風邪薬
  • 解熱鎮痛剤
  • 鎮咳去痰薬
  • 抗ヒスタミン剤を含有する鼻炎用内服薬
  • 酔い止め薬など抗アレルギー用薬

上記はいずれも、一緒に服用すると睡眠改善薬の成分の一部と組み合わさって睡眠誘発の作用が異常に強く現れたり、口が乾いたりする副作用が強くなる恐れがあるものです。

安全のため、睡眠改善薬との併用は避けましょう。もし、睡眠改善薬の服用中に上記薬を服用する必要が出てきた場合は、ただちに医師に相談しましょう。

まとめ:睡眠改善薬と睡眠導入剤には違いがある!服用の際には注意が必要

  • 睡眠改善薬と睡眠導入剤は、名前だけを見ると似たような印象を抱きがちだが、その成分や作用、対象とする症状、入手方法に至るまでさまざまな違いがある
  • 特に睡眠改善薬の服用においては、連続の服用期間と他の睡眠導入剤・薬との飲み合わせに注意が必要
  • 睡眠改善薬は睡眠導入剤に比べ効き目が穏やかで、入手しやすいが、用法・用量と注意事項をきちんと守ることが欠かせない

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

睡眠改善薬と睡眠薬、睡眠導入剤は成分が根本的に異なります。睡眠改善薬は風邪薬の眠くなる成分を逆に利用し、眠りに導いてくれるものですから当然治療効果は高くありません。本当に不眠症のときは睡眠薬が必要です。

また、これは双方の薬剤に共通することですが、長期的に利用することで耐性が生じます。不眠解消には生活習慣の改善も大きく関わります。まずは生活習慣の見直しから勧めてみてください。もちろん、不眠が何日も続いていて辛い場合は、ためらうことなく医師に診てもらうよう促し、症状に合う睡眠薬の処方を受けてもらうことが大切です。