服用中の薬による食欲不振とその対処法について

食欲不振の原因としてまっさきに思い浮かぶのが内臓疾患やストレスだと思いますが、服用中の薬の副作用によって食欲不振が起こることもあるといわれています。この記事では、食欲不振が起こる原因を紹介するとともに、対処法を解説します。

一般的な食欲不振の原因

食欲不振の原因を大きくわけると、「疾患が原因の場合」と「それ以外の場合」に分類できます。そして、疾患が原因の食欲不振は、さらに「肉体的な原因」と「精神的な原因」に分けられます。

肉体的な原因の場合

  • がん
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 心不全
  • 慢性腎臓病
  • 甲状腺機能低下症
  • 風邪やインフルエンザなどの感染症  など

精神的な原因の場合

  • うつ病
  • 認知症
  • 神経性食欲不振症  など

疾患以外の原因による食欲不振には、以下のようなものがあります。

疾患以外の原因の場合

  • 加齢
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣
  • 飲酒
  • 運動不足
  • 睡眠不足

不規則な生活が続くと、自律神経が乱れて食欲が低下することがあります。特に運動不足の場合、食事からエネルギーを補給する必要がなくなることも、食欲不振を招く一因です。

また、飲酒は食欲が増加するような印象がありますが、飲みすぎて肝臓に大きな負担がかかると肝臓機が低下します。その結果、体のだるさや食欲の低下が起こることがあります。

薬の副作用で食欲不振になることも

疾患や生活習慣のほかに、薬の副作用で食欲不振となることがあります。

食欲不振を招く薬の一例

  • 痛み止め
  • 強心剤
  • 抗がん剤
  • 向精神薬
  • 抗菌薬(抗生物質)
  • 漢方薬

西洋の薬だけでなく、漢方薬の服用で食欲不振になることもあります。漢方薬は副作用がないと誤解されることもありますが、「西洋の薬に比べて副作用の割合が少ない」と言われているだけで、まったくないわけではありません。特に、もともと胃腸の弱い方の場合、漢方薬でも副作用が現れやすいと考えられます。

必ず添付文書を読み、用法・用量を守って正しく使用してもらうことが大切です。また、食欲不振や胃もたれといった症状がみられたら、医療機関を受診するよう促しましょう。

薬で食欲不振になったときの対処法

  • 服用中の薬が合っていない可能性があるため、まずは医師や薬剤師に相談してもらう
  • 症状が軽いときは、少し症状を我慢して薬を服用し続けてもらうことも
  • 食欲不振時の食事で注意することは以下の通り

食欲不振時の食事で気をつけること

  • 刺激物を控え、消化の良い柔らかめの食品を摂る
  • 根菜類など、食物繊維が多い野菜は控える
  • 脂身の多い肉や揚げ物などは控える
  • 根菜類や肉類などを食べたいときは下ごしらえを工夫する
  • 水分をしっかり摂る

食欲不振のときは消化・吸収機能が弱っている可能性が高いため、胃腸に負担をかけない食事に変えることが大切です。刺激物を控え、消化の良い柔らかめの食品を食べましょう。食物繊維が多い根菜や、消化に悪い脂身の多い肉や揚げ物、刺激の強い香辛料の多いカレーなどは避けてください。

根菜類を食べたい場合は、切れ目を入れたり、面取りをしたりして食べやすくするとよいでしょう。また、肉類を食べるときは脂身を取り除いたり、下茹でしたり、しっかり焼いて脂を落としたりするのがおすすめです。

まとめ:食欲不振は薬の副作用で起こることも。消化によい食事で症状を和らげよう

  • 薬の副作用で食欲不振を招くこともある
  • 消化吸収機能が弱っているので、刺激物や脂身が多い肉類、揚げ物は控えるよう伝え、消化によい食事を摂ることを促す
  • 根菜類や肉類を食べるときは、下ごしらえを丁寧に行うと胃への負担が軽減する

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

体調不良や食思不振の原因が薬剤性であることはとても多いです。特に外来や入院患者さんでポリファーマーシーの方は死亡率が高まるという報告があり、予期せぬ薬剤間の相互作用などにより食思不振や臓器傷害、認知機能障害などを起こす可能性があります。

薬剤を使用されている患者さんの訴えを聞いたときは常に薬剤性を頭に入れておく必要があり、また処方時に患者さんにお伝えしておくことも防止のためには大切です。

関連タグ