電子レンジで温め直すのは食中毒対策になる?予防のポイントは?

お弁当を作るときや、冷凍商品を温めるときなど、電子レンジを使う機会は多いと思いますが、この再加熱で食中毒を予防できるのでしょうか。

電子レンジで温め直すときの注意点は?

  • 電子レンジはマイクロ波の当たり具合によって、加熱できている場所とあまりできていない場所ができてしまうことがある
  • 均等に熱を加えることができれば殺菌効果が高くなりますが、中心部などがきちんと温めっていないと十分に殺菌できていない場合があるので注意が必要
  • 食品を加熱するときは、途中でレンジから取り出し、中身をかき混ぜると均等に温まる
  • 中途半端に加熱された場所は、細菌やウイルスが繁殖しやすい温度になっているため、そのまま放置しない
  • 再加熱してもすぐ冷めてしまうため、温め直した食品はなるべく早く食べる

鍋などで再加熱するときの注意点は?

  • 鍋などで再加熱しても、100%殺菌できるわけではないものの、電子レンジより長い時間加熱することができる
  • 作った料理を鍋ごと冷蔵庫に入れるとそのまま加熱でき、再加熱する際に便利
  • 細菌の種類によって異なるものの、一般的に75℃で1分間ほど加熱すると食中毒菌の殺菌効果が得られる

お弁当のおかず、詰め方のコツは?

  • 卵焼きやおかずは、しっかり加熱をしてから入れる
  • 冷凍庫に入れていた肉や魚は、事前に解凍してから調理する。また、中心部まで火が通っているか確認することも忘れない
  • おかずはしっかり冷ましてからお弁当箱に詰めると、水分が付着して細菌が繁殖しやすい環境になるのを予防できる
  • おかずを詰めるときは菜箸などを使う

ハンバーグ・肉団子・唐揚げなどは、軽く温めた程度では加熱が不十分になることが多いです。小さく切ってから加熱するようにしましょう。また、自然解凍できる食品や、作り置きの食品を冷凍保管しておくと便利です。冷凍のひと口ゼリーなどを入れておくのも、保冷剤代わりになるのでおすすめです。

食中毒予防のための、食材の扱い方のポイントは?

買い物中

  • 消費期限を確認する
  • 生鮮食品(肉や魚)や冷凍食品は最後に買う
  • 生鮮食品はビニールに小分けにして袋に入れる
  • 食品の鮮度が落ちるのを防ぐため、早めに帰宅する

家庭で保存するとき

  • 購入した食品はすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる
  • 生鮮食品は袋や容器に入れて、他の食品と分ける
  • 生鮮食品を調理する前は必ず手指をよく洗う
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は−15℃以下にする
  • 冷蔵庫や冷凍庫に詰めすぎない

調理中

  • 調理前に手を石鹸で洗う
  • 野菜は流水で洗う
  • 生肉や魚の汁が、生で食べるもの(サラダや果物)や調理済みの食品にかからないようにする
  • 生肉や魚、卵を触ったら手を洗う
  • 包丁やまな板は食品の種類ごとに使い分ける(肉用、野菜用など)
  • 冷凍食品は使う分だけ解凍する
  • 冷凍食品の自然解凍は避ける
  • 使用済みのふきんやタオルは熱湯で煮沸後、しっかり乾かす
  • 使用済みの調理器具は熱湯や台所用殺菌剤で殺菌する(特に生肉や魚の調理後)

調理

  • 調理前に手を石鹸で洗う
  • 肉や魚は中心部を75℃で1分間以上加熱する

食事

  • 食事前に石鹸で手を洗う
  • 食器は清潔なものを使う
  • 料理は長時間室内に放置しないで、保管する際は冷蔵庫などに入れる

残ったおかず

  • 食品を扱う前に手を洗う
  • 保存する容器は清潔なものを使う
  • 温め直すときも十分に加熱する
  • 時間が経ち過ぎたものや怪しいものは処分する

まとめ:電子レンジの使い方を工夫して、食中毒を予防しよう

  • 電子レンジで食中毒を完全に防ぐことはできない
  • ただし、使い方を工夫すると食中毒になるリスクを減らすこともできる
  • 食品を触る前には手洗いをしっかりと行う

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

主婦や忙しい方にとって、作り置きのおかずは心強い味方ですが、特に夏場は保存に注意が必要です。まず保存容器の煮沸を忘れないようにしましょう。その上で水分量が多いものはしっかりと水分を拭き取り、出来るだけ冷蔵・冷凍し、早期に食べ切りましょう。

電子レンジで加熱するときは十分な加熱期間をとり、温める途中で適宜かき混ぜて均一に熱が加わるようにしてください。保存方法や解凍・温めを十分行うことで食中毒を予防するよう伝えましょう。

関連タグ