薬がアレルギーの原因に?対処法・予防法を解説

ピーナッツやうるしなど、食べ物や植物でアレルギー反応が出ることはよく知られていますが、実は薬でもアレルギー反応が出ることがあります。この記事では、薬によるアレルギー反応の症状や予防法、気をつけたいポイントを紹介します。

薬もアレルギーの原因になる?

  • アレルギー反応は花粉やダニ、ペットの毛、食品で起こることが知られているが、薬で起こることもある
  • 抗菌薬や解熱鎮痛薬、ホルモン剤、酵素製剤、造影剤などが、他の薬に比べるとアレルギー反応を起こしやすいと言われている

体には自分の細胞と外部から入ってきた異物とを区別し、異物を排除するための免疫という仕組みがあります。アレルギー反応は、本来ならば反応しなくてもよい物質に対して、免疫が過剰反応してしまう状態のことです。

アレルギー反応が恐ろしいのは、命に危険を及ぼしかねない重症のアレルギー反応が起こる可能性があるためです。このような強いアレルギー反応のことをアナフィラキシーといいます。

アナフィラキシーとは

  • 発症すると、皮膚粘膜症状(発疹や浮腫など)、呼吸器症状(呼吸困難、気道が狭くなる)、血圧の低下、意識障害、激しい腹痛や嘔吐などがみられる
  • 最悪の場合、死に至る恐れもある
  • もしアナフィラキシーが起こった場合、迅速な治療が必要

重度のアナフィラキシーが起こった場合、血圧を正常にし、気管支を拡張するためにアドレナリンの筋肉注射が第一選択薬となります。呼吸器官の腫れによって呼吸が著しく困難な場合は、気管内挿管や気管切開を行い、気道を確保することになります。

薬によるアレルギー症状の対処法は?

  • まず、どんな薬を使用していたかを確認し、ある程度、原因として疑われる薬が絞られたら皮膚テストを行う
  • 代表的な皮膚テストとしてパッチテストがある
  • そのほか、また、薬剤誘発テスト(薬の量を増やしたときの反応をみるテスト)や血液検査を行うこともある。
  • 薬剤誘発テストを行う場合、万一に備えて入院することがある
パッチテストとは
  • 二の腕の内側や背中などに、疑わしい物質を元に作った試薬を含ませた絆創膏を貼る
  • 一定期間経過後(48時間後、72時間後、1週間後)の状態を確認する

アレルギーの原因となっている薬が判明したら、その薬の使用を中止します。ただし、抗がん剤や抗結核薬など、どうしても服用が望ましい薬がある場合は、少量から徐々に量を増やして、からだを慣らしていく方法がとられることもあります。

薬によるアレルギーを防ぐために気をつけることは?

  • 食品アレルギーがある人は、薬のアレルギーが起こるリスクがある
  • 家族にアレルギー体質の方がいるときも、突然アレルギーが起こることがある
  • 症状が軽度だったとしても、過去にアレルギー反応を起こした薬の名前を覚えておき、医師・薬剤師に伝えることが大切

まとめ:薬のアレルギーで重篤な症状を引き起こすことも。薬の使用後に異変があったときはすぐに病院へ

  • アレルギー反応は、異物から体を守るための免疫反応によって起こる
  • アレルギー反応は、食品や植物だけでなく、薬で起こることもある
  • アレルギー反応が起こると命に関わることもあるため、過去にアレルギー反応があった場合は、原因となった薬の名前を必ず医師・薬剤師に伝えて予防することが大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

薬によるアレルギーの判断は非常に難しいですが、必ず抑えるべき症状が2つあります。それは「息苦しさ」と「気持ち悪さ」です。特に、実際に嘔吐してしまった場合は要注意です。

薬を内服後に出た皮膚症状(発疹など)も当然医師や薬剤師に伝えるべきですが、そこまで致命的な症状ではなく、また皮膚症状はアレルギー以外で生じることもあるため、薬の重要さによっては同じ系統のお薬をすすめられることもあります。

しかし、上であげた2つの症状はアナフィラキシー症状のひとつで、別の症状です。息苦しさと嘔気・嘔吐が薬剤内服後に出た場合はすぐに病院へかかり、一時的なもので治ったとしても、必ず薬剤名を覚えておき医療従事者に伝えるようにしましょう