カルバペネム系の抗生物質の特徴と主な副作用について

カルバペネム系抗生物質は、尿路感染症や副鼻腔炎など、細菌が原因となって起きる病気に効果を発揮する薬です。この記事では、カルバペネム系抗生物質の特徴や副作用などをまとめました。

カルバペネム系抗生物質とは

  • カルバペネム系抗生物質は、グラム陽性菌から陰性菌まで効果を示す範囲が広い抗生物質
  • カルバペネム系抗生物質の種類にはイミペネムやメロペネムなどがある
  • イミペネムは陽性球菌に抗菌活性を示し、メロペネムは陰性桿菌に抗菌活性を示す

カルバペネム系抗生物質に自然耐性を持つ細菌として、マイコプラズマ、MRSA、クラミジア、真菌、レジオネラなどがあります。そのため、重症患者の方の場合、最初はカルバペネム系抗生物質を使い、検査結果が判明したら原因菌に作用する抗生物質に切り替える、というふうに治療が進むこともあります。

カルバペネム系抗生物質の働きは?

  • カルバペネム系抗生物質は、細菌の細胞壁合成を阻害することで抗菌作用をもたらす
  • 細胞壁の合成に関わるタンパク質のひとつ(ペニシリン結合タンパク質[PBP])と結合することで、細胞壁の合成をブロックする

主なカルバペネム系抗生物質の治療薬

メロペン
  • 従来のカルバペネム系抗生物質の治療薬に比べて中枢神経系への影響が少なく、意識障害やけいれんなどを引き起こす確率も低い
  • 腎障害を引き起こす腎毒性も、従来の治療薬より少ない
オラペネム
子どもの肺炎や副鼻腔炎、中耳炎などの治療で用いる内服薬
フィニバックス
  • 尿路感染症や呼吸器感染症などの原因となる「緑膿菌(りょくのうきん)」に高い抗菌作用を発揮する薬
  • 従来のカルバペネム系抗生物質に比べると中枢神経系への影響が小さく、けいれんや意識障害などを起こす確率が低い
  • 腎障害を引き起こす腎毒性も、従来の治療薬より軽減されている

カルバペネム系抗生物質の副作用

中枢神経障害
頻度は非常に低いが、意識障害や痙攣が起きることがある
消化器症状
下痢や嘔吐などが起きることがある
腎機能障害
頻度は非常に低いが発症リスクがある。体がだるい、発疹、尿がほとんど出ない、尿量が減る、むくみなどの症状がみられたら注意が必要
てんかん発作
カルバペネム系抗生物質を服用後、バルプロ酸の血中濃度が低下する傾向がある。それにより、てんかん発作などが起こりやすくなるリスクが高まる

副作用が出た場合は、すみやかに医師に相談しましょう。

なお、カルバペネム系抗生物質とバルプロ酸ナトリウムの併用は禁止されています。セレニカやデパケンといったバルプロ酸ナトリウム配合の薬を服用していないかを必ず確認してください。

まとめ:カルバペネム系抗生物質には幅広い抗菌作用があります

  • カルバペネム系抗生物質は、さまざまな細菌に効果がある抗生物質
  • 下痢や嘔吐、中枢神経障害などの副作用もある
  • ただし、カルバペネム系抗生物質との併用が禁止されている薬などもある。処方する際に患者さんに必ず確認すること

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

カルバペネム系の抗生剤は非常にカバー範囲の広い抗生物質です。起因菌がはっきりせず、抗生物質のカバーが外れた場合死に至るような重篤な状態であれば優先的に使用すべき薬剤の一つですが、そうでない場合も含めて闇雲に使用するような抗生剤ではありません。

現在はどこの病院でも使用状況がモニタリングされていることが多いですが、もし乱用されている状況であれば、耐性菌の出現を防ぐため、すぐに改善が必要と言えるでしょう。