マクロライド系抗生物質の特徴と、主な治療薬について

抗生物質にはさまざまな種類があります。この記事では、マクロライド系の抗生物質について、その特徴や薬の種類、副作用について解説します。

マクロライド系抗生物質の働き

  • 細菌の生命維持活動などに必要なタンパク質の合成を阻害し、細菌の増殖を抑える
  • タンパク質合成が行われる「リボソーム」と呼ばれる器官にはたらき、抗菌作用を表す
  • 細胞壁をもたないマイコプラズマなどの細菌や、細胞内にいるクラミジアなどにも抗菌作用がある
  • 服用する際に苦みを感じやすい

主なマクロライド系抗生物質

ジスロマック®︎

  • 成人用はドライシロップ剤や細粒剤、小児用はカプセル剤が多い
  • それぞれの疾患や用途など状況に応じて使う薬が選択される
  • 感染症の種類や使う剤形によって、服用方法が異なることもある

エリスロシン®︎

  • 顆粒剤、錠剤、注射剤、ドライシロップ剤などが多い
  • それぞれの疾患や用途など状況に応じて使う薬が選択される

ジョサマイ®︎、ジョサマイシン

  • ドライシロップ剤、錠剤、シロップ剤などがある
  • それぞれの用途など状況に応じて使う薬が選択される
  • 他のマクロライド系の抗菌薬と比較すると、内服時の苦みが少ない

クラリス®︎、クラリシッド®︎

  • クラミジア、マイコプラズマの治療に比較的優先して使われる薬
  • ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療で使うこともある
  • それぞれの用途など状況に応じて使う薬が選択される

マクロライド系抗生物質の副作用は?

  • 主な副作用としては、腹痛、吐き気、下痢などの消化器症状がみられることがある
  • QT延長症候群や心室頻拍などの循環器症状がみられることもあるため、心疾患のある人への使用には特に注意が必要

まとめ:マクロライド系抗生物質は苦味があるのが特徴

  • マクロライド系の抗生物質には薬や剤形もさまざまなものがあり、疾患や用途などに応じて薬が選択される
  • 独特の苦味は、水かお白湯で飲むと抑えることができる
  • 医師・薬剤師の説明をよく聞いて、正しく服用する

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

クラリス®︎やジスロマック®︎は非常に頻用される薬剤ですが、実は意外に多くの注意すべき副作用があります。特に致死的になるのはQT延長症候群などの不整脈で、近年ではその使用頻度の多さからも非常に注意が必要であることが分かってきています。

クラリス®︎は耳鼻科の副鼻腔炎などで頻用されますが、心電図の所見や心疾患の既往歴などが見落とされることがあります。ですので、薬局で心疾患や不整脈と言われたことはありませんかなどと一言尋ねていただくだけで致死的不整脈を防ぐことができる可能性があります。

また、下痢をする頻度が多いので、こちらも薬局で一言お腹が緩くなるかもしれませんとお伝えいただくと良いでしょう。