メチコバール®︎ってどんなときに処方される薬?

メチコバール®︎は、体内で不足したビタミンB12を補う薬です。この記事では、メチコバール®︎の効果や副作用、用法用量の注意点などを解説します。

メチコバール®︎ってどんな薬?

  • 体内で不足しているビタミンB12を補う薬。有効成分メコバラミンが、ビタミンB12に分類される成分
  • 通常のビタミンB12と比較して末梢性神経障害に対して有効性が高く、安全性も高いのが特徴
  • 薬理作用は強くないため、効果が大きいとは言い難い

メチコバール®︎が処方される病気は?

  • 末梢性神経障害の治療に使われる
  • 神経障害の可能性が疑われる場合にも処方される

神経障害の可能性が疑われる症状の一例

  • 糖尿病による神経の痛み
  • 帯状疱疹の神経痛
  • 味覚障害
  • 嗅覚障害
  • 眼の疾患
  • 耳鳴り、難聴
  • めまい
  • 物忘れ

ビタミンB12は細胞の発育の維持、造血作用、神経の機能維持といった働きをしています。そのため、ビタミンB12が不足すると、貧血、手足のしびれや痛みといった神経障害を引き起こします。

メチコバール®︎の副作用は?

  • メチコバール®︎を服用後、副作用があらわれることはめったにない
  • ごくまれに、胃の不快感や吐き気を感じることがある

また、ビタミンB12は水溶性ビタミンのため、過剰摂取してもすぐに排出されます。体に蓄積して悪影響を及ぼす恐れもありません。

メチコバール®︎服用時の注意点は?

  • 光に当たるとビタミンB12の含有量が低下するため、暗所で保管する
  • 湿気が少ない場所で保管する
  • ビタミンB12不足で手足のしびれや神経痛が起きている場合に効果がある薬のため、それ以外の原因(骨の変形、神経圧迫、筋肉の酷使、血行不良、薬物性障害など)で症状が現れている場合は効果が期待できない
  • 服用しても症状改善がみられない場合は、自己判断で服用量を増やしたりせずに、医師にその旨伝える

まとめ:メチコバール®︎はビタミンB12不足による神経障害に処方される

  • メチコバール®︎は副作用がほとんどあらわれない安全性の高い薬です。
  • ただし、強い効果を期待できる薬ではない
  • ビタミンB12不足による神経障害に効果が期待されるが、それ以外の原因で症状があらわれている場合には効果を期待できない

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

臨床的には巨赤芽球貧血などのビタミンB12不足が原因の疾患の治療や、ペメトレキセド投与前の神経障害予防のために投与されることが多いです。そのほか、しびれなどの症状があるときに処方されることもありますが、正直なところある程度気休めのような意味合いが強い薬だと思います。

メチコバールの末梢神経障害に対する効果に関しては様々な前向き試験が行われており、いくつかは有望な結果を示してはいますが、全体としては積極的に内服を奨めるというものではありません。漫然とメチコバールが処方されている患者さんは多く、効果が乏しいようであれば内服の終了も検討されるので、一言患者さんにお伝えいただくと不要な処方が避けられてよいかもしれません。