ST合剤が処方されるのはどんな病気のとき?

抗生物質は患者の体質、原因となる細菌に合わせて使えるよう、さまざまな種類があります。この記事では、抗生物質のうちST合剤について解説します。

ST合剤ってどんな薬?

  • ST合剤は、スルファメトキサゾール(Sulfamethoxazole)とトリメトプリム(Trimethoprim)の2種類の有効成分を含む抗生物質の一種
  • 食中毒のような発症例の多い感染症にはほとんど処方されない
  • ただし、一般的な抗生物質では十分な効き目が得られない場合や、少量ずつ長期間の抗生物質の投与が必要と判断される疾患の場合、ST合剤の処方が検討されることがある

治療でST合剤が使用される主な疾患

  • 慢性的な呼吸器疾患
  • 慢性的な膀胱炎
  • ペニシリン体性肺炎球菌
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による感染症
  • ニューモシスチス肺炎

ST合剤の働きは?

  • 人間の体内に侵入した細菌は、自らの遺伝情報を含むDNAを複製することで増殖し、さまざまな症状を引き起こす
  • 細菌は、自らDNA複製に必要なジヒドロ葉酸を合成して作り出し、さらに活性化させてテトラヒドロ葉酸に変換する過程を経て増殖する
  • ST合剤は、細菌がDNA複製のために葉酸を合成する過程を以下の2段階で妨害し、細菌の増殖を防ぐことで殺菌・抗菌効果をあらわす

まず、スルファメトキサゾールが合成に必要な酵素の働きを阻害することで、第一段階であるジヒドロ葉酸の生成を止めます。その後、トリメトプリムが、ジヒドロ葉酸をテトラヒドロ葉酸に活性化させる酵素の働きを阻害します。

ST合剤は細菌が繁殖するメカニズムを崩すことで増殖を防ぎ、細菌を減らして感染症への治療効果を発揮します。

主なST合剤の治療薬

注射剤

バクトラミン®︎注

内服薬の錠剤

  • バクトラミン®︎配合錠
  • ダイフェン®︎配合錠
  • バクタ®︎配合錠

内服薬の散剤

  • ダイフェン®︎配合顆粒
  • バクタ®︎配合顆粒
  • バクトラミン®︎配合顆粒

ST合剤の副作用は?

比較的軽度の副作用

  • 皮膚症状(発疹、じんましん、かゆみ、赤い斑点、水疱などを伴うもの)
  • 消化器症状(吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、食欲不振などの症状を伴うもの)
  • 頭痛
  • めまい

発症頻度はまれだが、重篤な状態になりやすい副作用

  • 血液障害(白血球や赤血球、血小板が急激に減少する)
  • 血液障害による貧血や発熱、急な高熱、のどの痛み、皮下や歯茎などからの出血、さかむけなど

アレルギー体質の方の場合、ST合剤を服用し始めたときにアナフィラキシーショック(呼吸困難や意識の消失など、強いショック症状を伴うもの)を引き起こす恐れがあります。過去にアレルギーと診断されたことはないかを確認しましょう。

まとめ:ST合剤は特定の疾患治療を中心に処方される

  • ST合剤は、日常生活でかかりやすい感染症の治療薬として処方されることはない
  • ただし、ほかの抗生物質で十分な効き目が得られない場合や、腎臓・膀胱・肺など徳敵の臓器や部位の疾患治療に対して処方されることがある
  • アレルギー体質の方が服用すると副作用を引き起こす恐れがあるため、もしST合剤の処方をといわれたら、医師・薬剤師にその旨伝える

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

ST合剤は尿路感染症の治療や、副腎皮質ステロイドを内服中の感染予防目的に処方されることが比較的多い薬剤です。セフェム系など、一般的な抗菌薬が無効の場合でも使用可能なことが多いことから、医師によっては積極的に処方する場合もあります。

しかし、同時にアレルギーや肝障害、特徴的な副作用として血球減少が起こることもあるため、モニタリングが必要な薬剤でもあります。こうした注意点は、きちんと伝えるようにしましょう。