口の中でさっと溶ける「OD錠」ってどんな薬?

薬には水と一緒に服用するタイプだけでなく、水なしで服用できるものもあります。この記事では、水なしで服用できるOD錠について、処方される理由やメリット・デメリット、服用時の注意点を紹介します。

OD錠ってどんな薬?

  • OD錠は水なしで飲める薬
  • ODとは Oral Disintegration の略で「口腔内崩壊錠」のこと
  • 口の中に入れたあと、すぐに溶けて剤形が崩れるのが特徴
  • 日本では1997年に発売され、市販薬を含めてさまざまな種類がある
  • 生物学的同等性試験を行った結果、錠剤の効果と違いはないことが判明している

OD錠のメリット・デメリットは?

メリット

  • OD錠は少しの水や唾液で溶けるため、以下のような方でも服用しやすい
OD錠が向いている方
  • 子供や高齢者
  • 嚥下機能が低下している方
  • 水分摂取制限がある方(人工透析、心臓や肺にむくみがある方など)
  • 服用に介助が必要な方
  • 寝る前に水分を摂りたくない方
  • 外出先などで手軽に服用したい方

デメリット

  • 壊れやすい
  • 湿気を吸収しやすい
  • 味に特徴がある
  • 水で飲む薬と一緒に飲む場合はメリットを実感しづらい
  • OD錠がない薬もある

OD錠を飲むときの注意点

基本的な飲み方
  • 湿度など、環境の影響を受けやすいため、シートから出したらすぐに服用する
  • OD錠を舌の上に置いて唾液を含ませ、唾液または少量の水と一緒に飲み込む
  • 水やぬるま湯と一緒に飲んでもよい(効果は変わらない)
姿勢に注意
  • 寝たまま飲むと、錠剤が食道に引っかかったり、気管に入ったりする恐れがある
  • 体を起こすか、上体を少し起こしてから服用する

なお、OD錠ではない薬を水なしで飲むことはできません。食道や胃などの消化器官に炎症が発生したり、薬の吸収や効果の発揮を妨げる恐れがあります。

まとめ:OD錠で服用の負担を軽減できます

  • 通常の薬の服用に負担を感じている場合や、特定の病気の治療中の場合、水なしで飲めるOD錠で負担を軽くできる

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

近年OD錠は人気で、多くの薬剤にODの剤形が登場しています。医師も通常の剤形とOD錠があると、なんとなくOD錠を処方しておくということがあるようです。

しかし、患者さんの中には異常にOD錠を嫌う方(粘つく、味が嫌だ、など)がいるため、ともすると患者満足度を下げることにもつながります。また、多くの薬を服用している方の場合も、1つだけOD錠だったりすると少し不便のようです。細かいことですが、満足度を高めるためにも、OD錠が嫌でないかをお尋ねしていただくとよいと思います。

関連タグ