市販の胃腸薬を選ぶときのポイントは?

最近はドラッグストアだけでなく、コンビニでも市販薬を入手できるようになっています。身近な存在になりつつある市販薬、でも、だからこそ注意したいのが市販薬の選び方です。というのも、症状合わない薬を買ってしまうと、思うような効果が得られなかったり、症状が悪化したりする恐れがあるからです。この記事では、市販の胃腸薬の選び方を中心に解説します。

市販の胃腸薬、選ぶ際は「症状」に注目を

  • 胃腸の症状は、「昨日飲みすぎたせいで胃もたれがひどい」「胃がキリキリする」「胃酸が逆流してくる」など、かなり幅広い
  • どのような症状が出ているかによって、選ぶべき薬は異なる

キリキリした胃痛や胃酸の逆流に適した胃腸薬は?

  • キリキリとした胃痛や胃酸の逆流は、胃液の分泌が多くなりすぎているサイン
  • 胃液によって胃壁が荒れて炎症や潰瘍が起きている、あるいは起きつつあるために痛みが生じていると考えられる

おすすめの胃腸薬

鎮痙薬
  • 胃の痙攣を抑制する薬
  • ブスコパン®A錠、サクロン®Q、ストパン®など
H2ブロッカー薬
  • 胃酸を分泌させるヒスタミン H2受容体の働きを阻害する薬
  • ファモチジン錠、ガスター10®、イノセア®ワンブロックなど
制酸薬
  • 胃酸を中和する薬
  • パンシロン®、サクロン®錠、スクラート®胃腸薬など
酸分泌抑制薬
  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • ガスター10®、ガストール®錠など
胃粘膜保護薬
  • 胃の粘膜を保護する薬
  • ガスター10®、パンシロン®、アシノン®Z錠など

胃もたれや消化不良に適した胃腸薬は?

  • 消化不良や胃もたれは、食べすぎや飲みすぎによって起こる
  • これらの症状は、胃の働きが弱っているか、胃酸の分泌が過度に少なくなっているサイン

おすすめの胃腸薬

健胃薬
  • 胃の働きを活発にする薬
  • ヘパリーゼ®胃腸内服液、ソルマック®EX、熊膽圓Sなど
消化薬
  • 消化酵素によって消化を助ける薬
  • 食べすぎや飲みすぎが原因だと明らかな場合はおすすめ
  • わかもと®消化薬、キャベジンコーワ®αなど
総合胃腸薬
  • 健胃、制酸、消化といった効果を網羅した薬
  • ひとつひとつの効き目は弱いので、原因がはっきりしない場合におすすめ
  • 第一三共胃腸薬、太田胃酸やパンシロン®Gなど

下痢などの腸の症状に適した胃腸薬は?

  • 主な症状が下痢など腸の症状の場合、腸内の細菌感染の予防や、腸内での異常発酵を抑制する薬を服用する

おすすめの胃腸薬

整腸剤
  • 乳酸菌などを補充することで腸内環境を整え、下痢やガスの発生などを改善する薬
  • 新ビオフェルミン®S錠、ザ・ガード®コーワ整腸剤α3など
下痢止め
  • 急な下痢の排出を抑制する薬
  • ただし、下痢を止めることで回復が遅くなる場合もあるため、自己判断での服用は厳禁
  • ビオフェルミン®止瀉薬、ストッパ®下痢止め、正露丸®など

まとめ:症状に合った胃腸薬を選ぼう

  • 一言で「胃腸薬」といっても、さまざまな作用の薬に分類できる
  • 自分にとってつらい症状が下痢なのか、胃の痛みなのか、もしくは胃もたれや不快感なのかなどを見極め、市販薬を選ぶことが大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

市販薬をすすめる際には成分に注目しましょう。場合によっては病院で処方されるものと同じ成分の薬がある場合もあります(ガスター10®や、ブスコパン®など)。一方、いわゆる治療薬までは…という方には健胃薬などをすすめるのも良いですが、過量の内服と、過度に健胃薬を信用しないよう一言添えてください。

関連タグ