片頭痛の痛みはロキソニン®やバファリン®で改善できる?

仕事中に片頭痛の症状が出てきたとき、とりあえず市販薬で乗り切りたいと思う方も多くいます。このような場合、どんな薬を選べばよいのでしょうか。

片頭痛のときに市販薬が効きにくい理由

  • 片頭痛は市販の鎮痛薬を飲んでも効かないことがある
  • 市販の鎮痛薬には、片頭痛の原因(血管収縮・拡張による三叉神経などへの刺激)を改善する効果はない
  • 片頭痛の改善にはトリプタン製剤が必要になる

片頭痛は、セロトニンが脳内で過剰に分泌された結果、血管が拡張したために発症すると考えられています。鎮痛薬には痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑える働きはあるものの、セロトニンの分泌を抑える働きはありません。このため、鎮痛薬を服用しても症状が改善しにくいのです。

片頭痛の改善に役立つ市販薬

アセトアミノフェンを含む薬

  • タイレノールA®
  • バファリン・プラス®
  • セデス・ハイ®

アスピリンを含む薬

  • バファリンA®
  • バファリン・プラス®
  • イブA®

イブプロフェンを含む薬

  • リングルアイビー®
  • イブクイック®

イブプロフェンは頭痛だけでなく、月経(生理)痛や風邪を引いたときの解熱剤として使われることがあります。

ロキソプロフェンを含む薬

  • ロキソニンS®
  • バファリンEX®

ロキソプロフェンを配合する薬は第1類医薬品のため、販売時に薬剤師の説明が必要です。

アセトアミノフェンは胃の負担が少ないため、空腹のときでも服用できます。しかし、アスピリンやイブプロフェン、ロキソプロフェンは胃に負担がかかるため、空腹時に服用しないよう伝えましょう

また、先ほども説明したように、片頭痛は痛みが起こるメカニズムがほかの頭痛と異なるため、鎮痛薬を服用しても効果を実感できないことがあります。症状が改善しないからといって、自己判断で薬を多めに服用したりすることがないよう注意を促すことも大切です。

片頭痛に効くトリプタン製剤は市販されている?

  • トリプタン系製剤は、市販薬では販売されていない
  • 服用したい場合は、病院に行く必要がある

まとめ:アセトアミノフェンを配合した薬以外は、服用のタイミングに気をつけて

  • 片頭痛の痛みはプロスタグランジンによるものではないため、市販の鎮痛薬が効かないことがある
  • 市販の鎮痛薬を服用する場合、用法・用量を守ること、アセトアミノフェン以外は空腹時に服用しないことを伝える
  • トリプタン製剤を服用したい場合は、病院で処方してもらうよう伝える

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

片頭痛の痛みは一般的に使用される鎮痛薬では軽快しないことがあり、次の2点に注意が必要です。

① ロキソニン®︎などの鎮痛薬がなかなか効かないため、使用頻度が多くなり、結果として薬物乱用性頭痛につながる可能性があります。
薬物乱用性頭痛は鎮痛薬の過度な使用が原因となる頭痛で、薬物の中止が治療法となります。鎮痛薬の使用頻度などを詳しく問診することが診断のカギとなりますので意識して患者さんのお話をしっかり聞くようにしていただくと良いと思います。

② 片頭痛は片頭痛治療薬による治療が適切ですが、片頭痛だという診断を受けていない人も多くいます。頭痛もちで閃輝暗点など片頭痛に特徴的な症状をお持ちの患者さんを見たら片頭痛の可能性を考えましょう。