解熱鎮痛薬に含まれるアセトアミノフェンとは

頭痛や発熱の応急処置として解熱鎮痛薬を使おうと思っても、種類がたくさんあってどれを選べばよいかわからない、と迷う方は意外と多いです。この記事では、解熱鎮痛薬のひとつであるアセトアミノフェンの特徴や代表的な治療薬を紹介します。

アセトアミノフェンとは

  • アセトアミノフェンは、解熱鎮痛薬の中でも比較的効き目がゆるやかで、安全性が高い
  • 開発から時間が経っているため、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に比べて安価
  • 軽度から中等度の痛みの緩和や、小児や高齢者など段階的に薬の効果をみたときに使われる
  • ひどい痛みや強い炎症を抑えることには向かない

アセトアミノフェンの効能は?

  • 解熱鎮痛作用があるため、服用すると体の痛みを抑えたり、熱を下げたりすることができる
  • ただし、対処療法として使われる薬のため、痛みや発熱の原因となっている病気そのものを治すことはできない

アセトアミノフェンが処方されることが多い疾患・症状

  • 風邪、インフルエンザを始めとする疾患による発熱
  • 頭痛
  • 耳の痛み
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 症候性神経痛
  • 腰痛
  • 捻挫痛
  • 打撲痛
  • 月経痛
  • 分娩後痛
  • 歯痛
  • 歯科治療後の疼痛
  • がんによる疼痛
  • 変形性関節症

アセトアミノフェンを主成分とする主な薬

処方薬

カロナール®︎錠
  • 中枢神経に働きかけて熱の放出を高めることで熱を下げ、体の痛みを和らげる
  • 大人はもとより、子供の風邪、頭痛、歯痛、腰痛や変形性関節症といった病気の解熱・鎮痛にも処方される
コカール®︎錠
  • 末梢神経を拡張させて発汗を促すことで熱を下げる薬
  • 大人はもとより、子供の発熱、変形性関節症や頭痛、神経痛、筋肉痛の緩和にも処方される

市販薬

ノーシン®︎AC
  • 小粒でのみやすい錠剤が素早く溶けるため、急な発熱や痛みに効く
  • 悪寒や体の痛みを伴う発熱、頭や耳、のど、歯の痛み、神経痛、筋肉痛、外傷や抜歯・肩こりによる痛みなど、さまざまな部位の痛みに作用する
  • 7歳以上の小児から服用できる
タイレノール®︎A
  • 中枢神経に作用し、体の痛みや発熱を和らげる薬
  • 頭痛、月経痛、歯や抜歯後の痛み、喉・耳の痛み、神経痛、筋肉痛、関節痛、外傷による痛み、肩こり痛、風邪による体の痛み・悪寒や発熱を和らげる

アセトアミノフェンを服用するときの注意点

以下の条件に該当する場合は、必ず事前に医師または薬剤師に相談して、アセトアミノフェンを服用しても問題がないかどうかを確認する必要があります。

  • アスピリンに対する喘息やアレルギー症状がある場合
  • もともと胃腸や腎臓、肝臓が弱く、これらの臓器に持病がある場合
  • 普段から飲酒量が多く、肝臓が弱っている可能性がある場合
  • アセトアミノフェンのほかに風邪薬や解熱鎮痛薬を服用している場合
  • ワーファリンを服用している場合
  • 栄養状態が悪い場合

服用するときには薬の裏面や医師・または薬剤師の指示に従い、必ず用法・用量を守ってもらうことも大切です。

アセトアミノフェンの副作用

比較的起こりやすい副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発疹
  • 蕁麻疹

発症が非常にまれな、重篤な副作用

  • アナフィラキシーショック
  • 皮膚がめくれたり潰瘍ができるほどの重い皮膚や粘膜の疾患
  • 喘息発作
  • 肝機能障害
  • 出血など血液の異常
  • 肺炎
  • 腎機能障害

まとめ:アセトアミノフェンは、効き目が穏やかな、子供にも使える解熱鎮痛薬です

  • 解熱鎮痛薬の中でも、アセトアミノフェンは比較的効き目が穏やかな薬
  • 子供に処方されることが多い
  • 中枢神経に働きかけて熱を放出し、痛みの感知機能を弱くすることで、解熱鎮痛効果を発揮する
  • 処方薬、市販薬のどちらでも入手しやすく、副作用も起こりにくい
  • 副作用が疑われるような症状が出た場合は、すぐに医師または薬剤師に相談するよう伝える

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

アセトアミノフェンは中枢神経に働きかけることで解熱鎮痛作用を有する薬剤です。詳しい作用機序は完全にはわかっていませんが、体温のセットポイントを低くすることで発汗や血管拡張を促し、熱を下げる作用があると言われています。

鎮痛作用は同じ鎮痛剤であるNSAIDsより弱く、その分腎機能障害や胃潰瘍などの副作用がないため安全に使えます。そのため、小児や妊婦に処方しやすい鎮痛剤と言えるでしょう。重篤な副作用としては肝障害があります。1日の投与上限は4000mgとなっており、通常の使い方では上限を超えることは少ないですが、過剰な内服には気をつけ必ず6時間程度あけて内服するようにしましょう。NSAIDsが使える場合は、併用も効果的です。