腟カンジダの再発は市販薬で治療できる?再発は予防できる?

腟カンジダ症は、初めて発症したときは病院で薬を処方してもらう必要がありますが、再発の場合は市販薬で治療することができます。この記事では、腟カンジダ再発に使える市販薬を紹介するとともに、再発を予防するためにどんなことに気をつければよいかを紹介します。

腟カンジダとは

  • 腟カンジダ症とは、腟口の組織である腟および外陰部の刺激、腟分泌物および激しいかゆみを引き起こす真菌感染症
  • 性感染症ではないが、口と生殖器の接触を通じて真菌類が拡がる
  • 多くの女性が、生涯で少なくとも2回の感染を経験するといわれている
  • 再発性(1年以内に4回以上発症)の場合は治療が長期化する傾向があり、厳密な計画に沿った治療が必要になることも

腟カンジダはカンジダ・アルビカンスを代表とするカンジダ属の真菌が引き起こす病気です。ほとんどの女性は腟内にカンジダを有していますが、通常は問題を起こしません。しかし、妊娠中や抗菌薬の服用、免疫力の低下といった原因によって腟内の細菌のバランスが崩れると、カンジダ菌が繁殖して発症します。

また、腟カンジダ症は性感染症(STI)ではありませんが、性行為の際に腟が乾燥していたり、緊張していたりすると、性行為を通してパートナーに感染させてしまうことがあるため、注意が必要です。

腟カンジダ症が再発する原因

再増殖

  • 一度症状が改善しても、腟内にわずかに菌が残っていた場合、何らかのきっかけで真菌が再増殖して再発することがある

再感染

  • 腸管に存在するカンジダ菌が肛門から腟に外陰部を通して再感染する
  • 性行為による再感染

再発した腟カンジダは市販薬で治せる?

  • 再発を繰り返す腟カンジダは、軽度なものであれば市販薬で治すことができる
  • 市販薬には、錠剤(腟の中に直接挿入する)と塗り薬がある
  • ただし、妊娠中や授乳中の人、持病がある人、何らかの薬を使用している人、過去に副作用があった人は、必ず医師に相談してから使用することが必要

錠剤(腟錠・腟座薬)

  • 腟全体に有効成分を行きわたらせることができる、効果が高い薬
  • 白くボロボロとしたおりものが出るなど、カンジダ特有の症状がある場合に選ぶ
  • 市販薬としては、フェミニーナ®腟カンジダ錠(スリムな形が特徴)、フレディ®CC(使い捨てのアプリケーターに錠剤がセットされている)が有名

塗り薬(軟膏・クリーム)

  • 塗ったところにだけ効果がある薬
  • おりものに異常はなく、外陰部のかゆみや赤みといった症状だけの場合に選ぶ
  • 市販薬としては、メディテート®クリームやシュトガード®などが有名
  • 塗り薬を3日程度使用しても症状が改善しないとき場合、腟内でも炎症が生じている可能性があるため、腟錠も併用するのがおすすめ

2カ月以内に再発したら、病院へ行ったほうがいい?

  • 2カ月以内に再発したり、半年に2回以上の頻度で再発を繰り返す場合は病院へ行ったほうがよい
  • 腟カンジダは女性にとってありふれた病気だが、重度の糖尿病やHIV感染症、白血病といった免疫力を下げる病気のサインになっていることがある
  • 市販薬が効かない、強力な感じだ菌が生息している可能性がある

多くの市販薬には「6カ月の間に2回以上」再発を繰り返す場合は、医師の診察を受けて適切な治療を受けるよう注意書きがされています。もし、頻繁に腟カンジダの再発治療薬を購入している様子がみられたら、病院へ行くよう促しましょう。

腟カンジダが再発したかをチェックポイントは?

以下のような症状が現れたら要注意です。

  • 外陰部の強いかゆみ
  • ヨーグルトやカッテージチーズのような白くボロボロしたおりもの
  • 外陰部の灼熱感
  • 性交痛

ただし、これらの症状は他の性感染症でも起きることがあります。また再発した…と思うときでも、いつもと違う症状がみられるときは、念のため病院で検査を受けるよう促してください。

再発予防のために気をつけるべきことは?

  • カンジダ菌の再増殖を防ぐために、日常生活を見直すことが大切
  • 免疫力の低下を防ぐために、健康的な食事や十分な睡眠を心がける
  • 通気性の良い服や下着を着用する
  • 抗生物質やステロイド剤などは医師の指示に従って服用する(必要以上に服用しない)
  • 性行為のときはコンドームを着用する
  • 陰部を石鹸などで過剰に洗い過ぎないこと

陰部を洗いすぎてしまうと、腟が通常持っているバリア機能が失われてしまい、カンジダ菌が増殖しやすくなります。

まとめ:デリケートな部分を清潔に保つよう心がけて、再発を防ごう

  • 腟カンジダ症の再発を防ぐには、健康的な生活とやデリケートな部分を清潔に保つこと
  • ただし、過剰に洗いすぎると本来備わっているバリア機能が失われてしまう、洗いすぎないよう気をつける
  • パートナーもコンドームを着用したり、ペニスを清潔にしておくことが大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

カンジダは腟に常在しており、常在細菌叢の乱れやストレス、免疫機能の低下などの要因があると異常に増殖して症状を引き起こすことがあります。治癒したあとも繰り返しやすいため、一度かかったことのある方は、再発の可能性がある体質だと認識し、日ごろから注意することが大切です。

腟カンジダは軽症であれば自然治癒することもありますし、会陰だけであれば軟膏を塗布する程度でも治りますが、カッテージチーズのようなおりものが出て、腟の中まで痒くなってしまうと腟錠での治療が必要です。市販薬でも治療は可能ですが、もしなかなか症状がよくならない場合など、何かおかしい点があれば違う病気が隠れている場合もあります。このようなときは、市販薬に頼らず、産婦人科を受診するよう促してください。