肌の乾燥が気になり始めたら…。季節の変わり目のスキンケア、ポイントは?

夏から秋にかけての季節の変わり目は、特に敏感肌の人にとって乾燥などの肌トラブルが起こりやすい時期です。この記事では、なぜ秋口になると肌トラブルが起こってしまうのかや、秋のスキンケアのポイントをご紹介します。

秋になると肌トラブルが増える理由は?

夏に浴びた紫外線のダメージ

  • 秋口の肌は、夏に浴びた紫外線のダメージが残っている状態
  • 紫外線を浴び続けると、肌表面の細胞が傷つくだけでなく、角層内のセラミドという保湿成分も減少し、肌の奥から乾燥した状態になってしまう
  • その結果、秋口になると肌がカサカサしたり、ハリがなくなったりする

紫外線にはUVA(肌の奥にある真皮にまで行き渡り、肌の弾力を担うコラーゲンにダメージを与える)とUVB(肌表面をやけど状態にして、赤みや水ぶくれ・シミなどを発生させる)の2種類があります。

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られます。肌が健康であれば、ターンオーバーによって自然に排出されますが、紫外線の影響が残っているとターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素が肌表面に残り続けます。その結果、秋口にシミ・そばかす、くすみといった肌トラブルがみられるようになります。

気温・湿度の低下

  • 秋口は気温や湿度が急激に下がって空気が乾燥する
  • 本来ならば、変化に適応するために肌が自然に汗の量や皮脂量を調節する
  • しかし、季節の変わり目は変化の幅が一定ではないため、肌の調整が追いつかない
  • その結果、皮脂量が急激に減って肌表面のバリア機能が乱れ、肌内部の水分が蒸発して乾燥状態が起こりやすくなる

秋口のスキンケアのポイントは?

洗浄力が弱めのミルクタイプのクレンジングに変える

  • 洗浄力が強いクレンジングは、肌の保水力を奪ってしまう恐れがある
  • ポイントメイク(アイシャドウ、マスカラなど)は部分的にオイルクレンジングを使う

ポイントメイクも洗浄力の弱いクレンジングで落とそうとすると、長時間肌をこすりがちになるため、かえって肌に負担をかけてしまうことがあります。適宜使い分けることも重要です。

保湿力のある化粧水や乳液に変える

  • さっぱりするタイプの化粧水や乳液は、使用量が不十分だと肌の乾燥が悪化したり、正常なターンオーバーが阻害されたりして、炎症が起こりやすい肌になる恐れがある
  • 秋になったら保湿力のある化粧水に変えるとともに、化粧水をつけた後は乳液やクリームでしっかりと蓋をする

保湿成分や皮膚の保護成分入りのスキンケアアイテムを取り入れる

  • セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸などには保湿・保水成分が、レシチンには皮膚の保護成分がある
  • こうした成分の入ったスキンケアアイテムを追加するだけでも、乾燥やくすみなどが改善される可能性がある

ワセリンを塗る

  • 乾燥がひどい場合は、化粧水で保湿した後ワセリンを塗り、油膜を作って水分蒸発を防ぐのが効果的
  • 肌荒れがひどい場合は、白色ワセリンを精製した「プロペト」を塗ったほうがよいことも

まとめ:スキンケア方法やスキンケアアイテムの見直しを

  • 秋口の肌トラブルは、夏の紫外線のダメージや、急激な温度や湿度の低下などが原因で起こりやすい
  • この時期になると肌荒れがひどくなるという方は、普段のクレンジングやスキンケア方法、スキンケアアイテムなどを見直すことから始めてみる

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

夏から秋へと季節が移り変わる時期は温度や湿度が一定せず、体にとって調整が難しい時期です。加えて、最近では残暑も厳しいことが多く、また、いきなり気温が激変することも多いため、より一層体調に注意を払う必要があります。

肌の調子にも同じことが言えるでしょう。肌の調子がなんとなく悪いと思ったら、一度スキンケア方法を見直して調節するとよいでしょう。