紫外線吸収剤は肌によくない?紫外線散乱剤との違いは?

日焼け止めは、これから秋にかけて増える紫外線対策に欠かせないアイテムです。店頭にはさまざまな商品が並んでいますが、中でも一般のお客様にとってわかりにくいのが紫外線カット成分の「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。この記事では、これらの紫外線カット成分について、それぞれの違いや特徴を解説します。

紫外線吸収剤は肌によくないの?

  • 紫外線吸収剤とは、紫外線を化学反応させ、熱などのエネルギーに変換・放出することで、日焼けと肌の奥に紫外線が浸透することを防ぐ成分

紫外線吸収剤のメリット

  • 化学反応を利用しているため、少ない量でも高い防御効果が期待できる
  • 肌に塗ったときに白くなりにくく、べたつきにくいので使用感が良い
  • 汗に強い

紫外線吸収剤のデメリット

  • 化学反応を起こし続けないと効果がないため、こまめに塗りなおす必要がある
  • 肌の上で化学反応を起こさせるため、肌への負担が大きい
  • 肌が弱い人だと、肌荒れやかぶれの原因になることも

紫外線吸収剤より、紫外線散乱剤配合の日焼け止めを選んだほうがいい?

  • 紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させる作用のある白色顔料粒子の性質を利用して、紫外線が肌に浸透するのを防ぐ成分

紫外線散乱剤のメリット

  • 紫外線を反射させる仕組みのため、比較的肌への負担が少ない
  • 構造が壊れにくいため、一度塗ると長時間の効果持続が期待できる
  • UVA(真皮まで届いて肌を黒くしたり、シミ・シワ・たるみを引き起こす)、UVB(肌の表面に影響を与える紫外線)の両方の紫外線への防御効果がある

紫外線散乱剤のデメリット

  • 肌に塗ったときに白くなりやすく、見た目にわかりやすい
  • 塗ったときの伸びが良くなく、使用感がベタベタとしている
  • 汗に弱い

強いて言えば、紫外線吸収剤はかぶれを起こすことがあるので、日焼け止めでかぶれた経験がある方は紫外線散乱剤を選ぶとよいでしょう。

日焼け止めの選び方のポイントは?

その1:日焼け止めが想定する用途を基準にする

  • 「かお用」「からだ用」「レジャー用」「日常生活用」など、それぞれの日焼け止めが想定する用途によって、紫外線防御の強度や耐水性は異なる
  • メーカーがパッケージに記載している用途から、自分の想定に近いものを選ぶ

その2:日焼け止めの「SPF値」「PA値」を参考にする

  • SPFはUVB、PAはUVAから肌を守る目安をあらわす数値
  • 日焼け止めは自分の肌の焼け方を考慮しながら、SPF、PA両方の数値バランスが良いものを選ぶのがおすすめ

その3:自分の肌質や、日焼け止めの使用感を基準にする

  • 自分の肌質や好みの使用感を基準に、日焼け止めを選ぶ
  • 毎日使うことを想定している場合は肌への負担が少ない「低刺激」「敏感肌用」や、「こども用」「ベビー用」と記載されたものがおすすめ

まとめ:紫外線吸収剤・紫外線散乱剤を知った上でぴったりの日焼け止めを選んでもらいましょう

  • 日焼け止めに含まれる紫外線防御成分は、大きく紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つに分類される
  • それぞれにメリット・デメリットがありますが、日焼け止めを選ぶときにどちらかの成分にこだわる必要はない
  • 用途とSPF・PAの数値を参考にしつつ、自分の肌質と好みを基準に使いやすいものを選ぶとよい

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

紫外線吸収剤でも、散乱剤でも、選ぶときに大切なのはその人の肌に合うか合わないかです。日焼けを防ぐことができても、かゆみやかぶれといった肌トラブルを起こしてしまっては大変です。初めて購入した日焼け止めの場合は、すぐに全身に使うのではなく、まず目立たないところに塗ってみて、肌に合うかどうかを試すことを伝えてください。

また、日焼け止めを使っても、汗で流れたりすると効果が弱くなってしまうので、帽子や日傘なども併用するよう伝えてください。