アルコールで脱水状態になる原因と対処法は?

アルコールを飲んだ日は水もしっかり飲んだほうがいいと言われるのは、アルコール摂取によって脱水状態に陥るリスクが高くなるためです。この記事では、アルコールによって脱水状態が起こる原因とともに、対処法もあわせてご紹介します。

アルコールを飲むと脱水状態になりやすいのはなぜ?

アルコールによる利尿作用のため

  • お酒を飲んだ以上に、水分が尿として排出される
  • 利尿作用が強いビールの場合、1リットルのビールを飲むと1.1リットルの水分が失われる

アルコールの分解に水分が使われるため

  • アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドという有害物質が発生する
  • アセトアルデヒドは体内で酢酸に分解され、さらに二酸化炭素+水へと分解されて排出される
  • 分解に関わる酵素が働くためには水分が必要

飲酒時は、アルコールの利尿作用や、乳酸や尿酸などの酸性物質の増加によって脱水症状に陥りやすくなります。水分不足になると、アセトアルデヒドを尿で体内に排出しづらくなるため、二日酔いの症状が出やすくなってしまうのです。

二日酔いはなんとしても避けたい!そんなときは?

  • 二日酔いを避けるには、アセトアルデヒドの排出をスムーズに促すかが重要
  • そのためには、アルコール以外の水分もしっかり補給して脱水症状を避ける
  • 脱水状態になるとき、水分と同時にミネラルも失われるため、塩分やカリウムも補給するのがおすすめ

塩分やカリウムといった成分は、枝豆の塩ゆでやもろきゅうなどのおつまみに含まれています。お味噌汁を飲むと、水分も一緒に補えるのでおすすめです。

もし、飲み会後や翌朝に脱水気味だと感じたら、熱中症対策や病気のときに飲む経口補水液を利用するのもおすすめです。

まとめ:アルコールから生まれる有害物質の分解には水分が必須!

  • アルコールの摂取によって脱水症状が起こるのは、アルコールによる利尿作用と、アルコール分解そのものに水が使われているという作用が原因
  • アルコールを摂取するときは、水分と塩分、カリウムの摂取を心がける

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

お酒を飲む時は水分を一緒にというのは多くの方がご存知だと思いますが、それはこの記事にあるように、アルコールによる利尿作用、アルコールの分解に水分が必要とされるからです。脱水症状を避けるために塩分やミネラルが必要となりますが、それ以外にもビタミンなどが不足することも多いです。こうした栄養素の摂取も当日・翌日は心がけましょう。とはいえ、飲みすぎないようにするのがベストな対策であることに変わりません。