ストレスが吐き気や嘔吐の原因と対処法

吐き気や嘔吐の原因として、消化器系のトラブルや食べすぎ・飲みすぎなどが思い浮かぶと思います。こうした病気や生活習慣によるものに加え、ストレスでも吐き気や嘔吐が起こることがあります。この記事では、ストレスによって吐き気や嘔吐が起こる原因を解説するとともに、対処法もご紹介します。

ストレスが吐き気や嘔吐を引き起こす?

  • 一般的に、吐き気や嘔吐の原因は胃炎や胃・十二指腸潰瘍といった消化器系のトラブルが原因で起こる
  • 緊張や不安状態が続いてストレスを感じると、延髄にある嘔吐中枢が刺激されて吐き気や嘔吐をもよおすことがある
  • ストレスによって胃酸の分泌量が増えると、体は胃酸を異物と判断し、嘔吐中枢を刺激して吐き出そうともする

ストレスによる胃の不調は、ストレスだけが原因というよりも、不規則な食事や睡眠不足、刺激物やアルコールの摂りすぎなど、胃腸に負担がかかり過ぎているときに起こりやすいです。また、胸やけ、胃やみぞおちなどの痛みを感じることもあります。症状が長く続くようであれば医療機関の受診を促しましょう。

ストレスによる吐き気や嘔吐の対処法

  • ストレスによる吐き気や嘔吐は、原因となるストレスを改善しないと症状が治まらない
  • 薬も有効だが、リラックスすることが一番の解消法となる

ストレスによる嘔吐・吐き気の対処法

① 深呼吸する

  • ストレスを感じているときは呼吸が浅くなりやすい
  • ゆっくりと呼吸して、心と体を落ち着かせる
  • 目を閉じて深呼吸すると、外部からの刺激が入りにくくなる

② 楽な姿勢をとる

  • イスに座ったり、横になったりして体を楽にする
  • 横になるときは、体の右側を下にして寝ると効果的
  • 衣服をゆるめるのもおすすめ

③ ミント系の食べ物を摂る

  • 清涼感のあるミントは、胃の中の不快感や吐き気を抑える効果がある
  • ミント系のガムやタブレットを常備しておくと安心

④ ツボを刺激する

  • 消化器や自律神経と関わりがあるツボ(内関:ないかん)を刺激するのがおすすめ
  • 内関は、腕の内側にあるツボ。手で握りこぶしを作ると浮き上がる2本の腱と、手のひらの下にある横線から指3本置いたあたりが交差さいたところにある

ストレスによる吐き気や嘔吐に効く薬は?

  • ストレスによる吐き気や嘔吐といった胃腸のトラブルには、消化剤や制酸剤などが有効
  • ただし、服用と同時にストレスの原因を取り除き、生活習慣も見直して自律神経のバランスを整えることも必要

まとめ:ストレスが吐き気や嘔吐の原因になることもあります

  • ストレスで嘔吐中枢が刺激されると、吐き気や嘔吐を引き起こすことがある
  • 規則正しい生活や健康的な食生活を送ることで、ストレスによる吐き気や嘔吐を抑えられる
  • 病気ではないのに吐き気や嘔吐を感じたら、深呼吸などのリラックス方法で対処を
  • 必要に応じて、消化剤や制酸剤の服用も検討するのも一案

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

多くの方が経験されていると思いますが、心理的なストレスも胃腸の不調に繋がり、消化性潰瘍などの器質的な疾患につながることがあります。このように身体疾患に繋がった際はそれがさらなるストレスを呼びますので、制酸薬など適切な薬剤での治療も並行して進めることも大切かもしれません。