クラリス®︎が処方されるのはどんなとき?考えられる副作用は?

クラリス®︎は抗生物質の一種です。この記事では、クラリス®︎の働きや効果、起こりうる副作用について解説します。

クラリス®︎とは

  • マクロライド系抗生物質と呼ばれる薬のひとつ
  • グラム陽性菌や一部の陰性菌、マイコプラズマ、クラミジアなどに有効な抗生物質
  • 細菌が増殖するのを抑えて抗菌作用を発揮するため、細菌が原因の感染症治療薬として使われる

クラリス®︎はどんな病気に処方される?

  • クラリス®︎には、200mgと50mgの錠剤、そしてドライシロップの3種類がある
  • 200mgのクラリス®︎錠の適応と、50mgのクラリス®︎錠・ドライシロップの適応はやや異なる

200mg錠の場合

一般感染症
適応菌種:クラリス®︎に感性のあるブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、レジオネラ属、カンピロバクター属、クラミジア属、マイコプラズマ属など
適応症:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染
肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
尿道炎、子宮頸管炎、感染性腸炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎など
マイコバクテリウム属
適応菌種:クラリス®︎に感性のあるマイコバクテリウム属
適応症:マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症
ヘリコバクター・ピロリ
適応菌種:クラリス®︎に感性のあるヘリコバクター・ピロリ
ヘリコバクター・ピロリ感染性胃炎
適応症:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病
早期胃がんの内視鏡治療後の胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症

50mg錠、あるいはドライシロップの場合

一般感染症
適応菌種:クラリス®︎に感性のあるブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、レジオネラ属、百日咳菌、カンピロバクター属、クラミジア属、マイコプラズマ属など
適応症:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染
咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
感染性腸炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱、百日咳など
マイコバクテリウム属
適応菌種:クラリス®︎に感性のあるマイコバクテリウム・アビウムコンプレックス
適応症:後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症

50mg錠やドライシロップは、200mgで効能のあったヘリコバクター・ピロリ菌に関する適応がないほか、マイコバクテリウム属もMACのみの適応となっています。一方、子供の罹患者が多い猩紅熱や百日咳にも適応となっているため、子どもでも安全に使用できます。

クラリス®︎服用時に起こる副作用は?

  • クラリス®︎は、比較的副作用が少ない
  • ときどき吐き気や胃痛・下痢などの消化器症状や、発疹・じんましんなどの皮膚症状が現れることがある
  • 重い副作用はめったにないものの、アナフィラキシー・ショックや重い不整脈がみられることもある

重篤な副作用の一例

アナフィラキシー・ショック
じんましん、全身発赤、顔やのどの腫れ、ゼーゼーとした息苦しさ、冷や汗、顔が白くなる
手足がしびれる、脈が弱い、血圧の低下、目の前が暗くなって意識が薄れる
重い不整脈
動悸、毎分120回以上の頻脈、毎分50回以下の徐脈、胸の傷みや違和感
胸苦しい、だるい、めまい、立ちくらみ、気が遠くなる、失神する
重篤な肝機能障害
だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ
皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)、尿が茶褐色になる
重篤な腎機能障害
尿が出ない・少ない、尿が濁る・泡立つ、血尿、むくみ、だるさ
吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹

まとめ:クラリス®︎は感染症に効果を発揮する抗生物質

  • クラリス®︎は、病原体微生物のうち「細菌」に対して効果を発揮する
  • 比較的副作用の少ない薬だが、まれに消化器症状やアレルギー症状が出ることがある

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

クラリス®︎は副作用もあまり多くなく、広く効果を発揮して内服でも使いやすいこと、また繊毛の機能を改善するという報告などから、特に耳鼻科領域でとても頻用されています。実際に効果があることも確かに多いのですが、現在では頻用されすぎていることが災いして、クラリスの耐性菌が増加しており効果が認められないケースも増えてきています

明らかにウイルス性の上気道炎の時は処方しない、など必要な症例に限って抗菌薬を用いるなど耐性菌を蔓延させない意識がとても大切です。また、頻度こそ少ないですがQT延長症候群などの不整脈を誘発する可能性があります。頭の片隅においておく必要があります。