ロキソプロフェンと併用してはいけない薬は?服用しないほうがいい人は?

頭痛や関節痛、歯痛など、さまざまな痛みを抑える薬として多くの方に利用されているロキソプロフェン。すぐに効き目を実感できるので、痛くなるとつい服用したくなりますが、実は服用してはいけない場合があります。それがどのようなときなのか、この記事で解説したいと思います。

ロキソプロフェンってどんな薬?

  • ロキソプロフェンは、解熱鎮痛剤として頻繁に使われる薬
  • 非ステロイド性抗炎症薬の仲間。比較的安全性が高く、効き目も良いため頻繁に使われる
  • 薬学的にはプロピオン酸系に分類され、副作用が少ない

ロキソプロフェンの効果

  • 炎症をしずめて腫れや発赤、痛みなどの症状を抑え、熱を下げる
  • 主に、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後や外傷、抜歯後などの消炎や鎮痛、急性上気道炎の解熱、鎮痛などに使われる

ロキソプロフェンは、炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)を合成するシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を阻害して、痛みや発熱のもとがつくられるのを抑制します。このため、熱やのどの痛みをともなう風邪にも使われていますが、あくまで対症療法の薬なので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません

ロキソプロフェンと一緒に飲んではいけない薬は?

  • ワルファリンなどの抗凝固薬(作用が強まって出血しやすくなったり、スルホルニ尿素系血糖降下薬の作用も強めてしまうおそれがある)
  • リウマチや白血病の治療薬であるメトトレキサート、リチウム(薬の血中濃度を上げて作用を強めたり、リチウム中毒を起こすおそれがある)
  • キノロン系の抗生物質、特にシプロフロキサシンやノルフロキサシン、ロメフロキサシン(けいれんの副作用を強める可能性がある)
  • ACE阻害薬などの降圧薬やチアド系の利尿薬(薬の効果が弱くなってしまうため、血圧上昇や腎機能の低下に注意が必要)
  • 多量のアルコール(胃や肝臓の副作用を出やすくするため、服用中は控えめに)

ロキソプロフェンを服用してはいけない方は?

  • アスピリン喘息(鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こす)の方
  • 胃潰瘍など消化性潰瘍のある方
  • 血小板減少などで出血が心配な方
  • 15歳未満の子供

そのほか、肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息などがみられる方の場合も、病状によっては服用できない場合があります。ウイルス性感染症にかかっている方も注意が必要です。こうした病気をお持ちの方は、診察時に必ず医師に報告してください。

ロキソプロフェンの服用に細心の注意が必要な方は?

  • 妊娠中の方
  • 高齢の方

妊娠中の方はできるだけ服用を控え、どうしても服用したいときはかかりつけの医師や薬剤師と相談して、必要最小限の範囲にとどめるよう伝えてください。特に、妊娠末期に長期的に服用するのは避ける必要があります。また、高齢の方は副作用が出やすいため、服用にあたっては細心の注意が必要です。

まとめ:ロキソプロフェンは頻繁に使われる解熱鎮痛薬ですが、注意が必要な場合もあります

  • ロキソプロフェンは比較的副作用が少なく、効き目もよいことから、たびたび使われる解熱鎮痛剤
  • ただし、ほかの薬と併用すると作用を強めたり、弱めたりする恐れがある
  • 持病や病気治療中ではないか、妊娠していないかなど、購入時に確認することが大切
  • 高齢の方には、副作用が出たことがないかを尋ねることも大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

ロキソプロフェンは鎮痛剤として頻繁に用いられる薬ですから、副作用にも十分気をつける必要があります。特に、喘息、胃潰瘍、腎機能障害の3つは問診してから処方するようにしましょう。特に月経痛に顕著ですが、その機序からプロスタグランジンが処方される前、つまり痛みの起こる前や起こり始めに内服するように指導するとよいでしょう。

妊娠中の処方については、最近では妊娠後期、30週以前であれば処方可能であることがわかっています。しかしながら歴史的に日本では禁忌、と指導されていることもあり、病院によっては処方が敬遠されることも多いです。病院で勤める場合は、施設の方針に従いながら、妊娠中に痛みが強くアセトアミノフェンでは耐えられない!というときは使用を提案してもよいでしょう。