口唇ヘルペスの市販薬は誰でも購入できる?

「口唇ヘルペスになったら、病院でお薬を処方してもらうのが1番いいんだけど、病院に行く暇がなくて…」と困ったことはありませんか?この記事では、このような状況を少しでも改善する「口唇ヘルペスの市販薬」を購入する際の注意点や、市販薬の種類について解説します。

口唇ヘルペスで市販薬が使えるのは?

  • 口唇ヘルペスの発病には、初めて発病する場合と再発の場合の2通りある
  • 初めての発症の場合、市販薬は購入できないので医療機関を受診する
  • 口唇ヘルペスが再発した方で症状が比較的軽い場合、市販薬での治療を選択できる

なお、口唇ヘルペスの市販薬は第一類医薬品のため、薬剤師がいる薬局でのみ購入できます

口唇ヘルペスに効果のある市販薬

アクチビア®軟膏

  • 口唇ヘルペスの市販薬で一番有名な軟膏
  • アシクロビルが配合されており、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果がある

アラセナS

  • 医療用として使われているアラセナAとビダラビンの濃度が同じ
  • アクチビア軟膏と並んで人気のある市販薬

ヘルペシアクリーム

  • アシクロビルを配合した塗り薬
  • アクチビア®軟膏やアラセナSと比べると、使っている人は少ない

効果的な塗り方は?

  • 1日3〜5回の塗布、発症してから10日間ぐらい塗るのが目安
  • 発症してから塗り始めるまでの期間は、短ければ短いほど効果が期待できる
  • かさぶたになるまで塗り続ける
使用上の注意
  • 唇のまわりにかゆみや違和感などが生じたら、早めに塗る
  • 塗る前に手を洗う
  • 食後に薬を塗るときは、口のまわりを洗うなどして清潔にする

なお、ヘルペスウイルスは接触感染で拡がります。患部を手で触らないことや、タオルや食べ物などを家族と共有しないなど、周囲の人への感染を防ぐ配慮も心がけましょう。

性器ヘルペスに効く市販薬はある?

  • 性器ヘルペスの抗ウイルス薬は、国内では医師の処方がなければ購入できない
  • したがって、性器ヘルペスは病院での治療が基本となる
  • 性器ヘルペスの治療に、口唇ヘルペスの市販薬を使ってはいけない

口唇ヘルペスの市販薬は、あくまで口唇ヘルペスを治すためのものです。また、性器ヘルペスの場合は、症状が見えていないところにも小さな病変があることもあります。「同じヘルペスだから」といって安易に口唇ヘルペスの薬は使わず、医師の診断を受けて適切な薬を処方してもらうよう促しましょう

まとめ: 口唇ヘルペスの市販薬は再発のみ。初めて発症した方には医療機関の受診を

  • 口唇ヘルペスの塗り薬は、薬剤師がいる薬局やドラッグストアで購入できる
  • ただし、購入できるのは過去に口唇ヘルペスを発症したことがある方のみ
  • 市販薬は全て塗り薬のため、病院で処方される内服薬と比べると効果が劣る

初めて口唇ヘルペスを発症した方は、市販薬を購入できません。再発の場合のみ市販薬を購入できることを伝え、病院で診てもらうよう伝えましょう。

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

口唇ヘルペスは初発では高熱などの全身症状が出ます。初発では内服薬を併用して治療する必要があり、軟膏だけでは治療できないため注意しましょう。また、軟膏での治療を行うのは再発の場合のみと考えておきましょう。性器ヘルペスができた際には病院へ行くよう促してください。