日焼け止めの正しい選び方・塗り方は?

日焼けはシミや肌荒れなど肌トラブルのもとになるだけでなく、紫外線のダメージが蓄積すれば皮膚がんの原因になることもあります。大人はもちろん、子供にもそのリスクがあります。この記事では、日焼け止めの選び方と正しい使い方を解説します。

日焼け止めは日焼け対策の基本です

  • 日焼けを防ぐためには、日焼け止めを塗ることが非常に重要
  • 紫外線にはUVA(シワやたるみの原因となる)とUVB(皮膚を赤くしたり黒くし、シミや皮膚がんの原因となる)という2種類の光線がある。双方の光線から肌を守ってくれる日焼け止めを選ぶことが大切
  • 基本的には、SPF30、PA+++以上の日焼け止めを少なくとも2時間おきに塗り直すのが理想。ただし、水泳をしたり、汗をたくさんかいたりした場合は、もっと頻繁に塗り直す必要がある

なお、日焼け止めを塗るだけでなく、紫外線が最も強い時間帯はなるべく外出しないようにしたり、外出時はツバの広い帽子やサングラス、肌を覆う服を着たりすることも大切です。

日焼け止めの正しい選び方は?

SPF

  • SPFとは、UVB光線をどのくらいの時間、防御できるかを示す指標
  • 素肌で20分間紫外線を浴びたときを基準する。たとえばSPF30の場合、20分×30=600分の間UVBを防ぐことができる
  • 日焼け防止にはSPF30以上のものを選ぶようにする

PA

  • PAとは、UVAの防御力のこと
  • PA+〜++++の4段階あるが、PA+++以上を選ぶとよい

ウォータープルーフ

  • 肌が濡れた後でも40〜80分程度紫外線のブロック機能が持続するのが特徴
  • 具体的な耐水の度合いや持続時間、また塗り直す頻度は商品によって異なるため、商品ラベルから確認する

日焼け止めの種類(ジェル、クリーム、スプレーなど)の選び方は?

よく運動する方

  • クリームタイプでウォータープルーフ効果のある日焼け止めがおすすめ
  • 体を動かしたり、汗をかいても落ちにくいメリットがある
  • 落とすときは無理にこすらず、専用の石けんを使うか、石けんをしっかり泡立てて優しく洗い流す

ニキビができやすい人

  • オイルフリーのミルクや乳液タイプの日焼け止めを選ぶ

乾燥肌の人

  • 先に皮膚を化粧水や乳液で保湿してからクリームタイプの日焼け止めを使う

子供

  • 子供用として発売されているもの、刺激の少ないものを選ぶ
  • 普通の石けんで落とせるタイプのものが理想
  • こまめに塗り直すことが大切

なお、生後間もない赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、基本的には日焼け止めを塗るのではなく、日陰で過ごしたり、服で肌を覆ったりすることをおすすめします。

毛深い方

  • スプレーやジェルタイプの日焼け止めを選ぶと、スムーズに肌に塗ることができる
  • ただし、スプレータイプは塗布量にばらつきがでやすいため、最初は手にスプレーしてから顔や体に塗るのがおすすめ

日焼け止めを塗るときの注意点

タイミング

  • 日焼け止めは出かける15分くらい前に塗ると、肌の定着率が高くなる
  • 外出後に塗ると、汗で流れ落ちてしまう可能性がある

  • 規定量をしっかり塗ることが大切
  • どのくらいの量を塗ればいいのかは、ラベルや説明を確認する
  • 頬や鼻、首の後ろなど、日焼けしやすい場所は重ね塗りすると効果が上がる

使用期限の確認

  • 日焼け止めには有効期限がある
  • ラベルやメーカーのホームページから確認する。特に規定がない場合、購入してから1年以内に使い切る
  • 古いものは、使い切っていなくても処分する

また、意外と忘れがちなのが唇です。唇も日焼けしますし、日焼けによって腫れたり、皮が剥けたりします。目安として、SPF15以上のリップクリームを塗るとよいでしょう。

日焼け止めが使えないときの日焼け対策は?

アレルギーなどで日焼け止めが使えない場合は、以下のような日焼け予防策をとりましょう。

1. 帽子、サンバイザー

  • 顔は衣類で隠すことができないため、屋外では常に紫外線に晒された状態になる
  • 帽子やサンバイザーなどで紫外線が当たる部位を極力抑える

2. 日傘

  • 日傘も帽子やサンバイザー同様、日陰を作って紫外線への露出を最小限にする効果がある
  • 特に日差しが強い夏では、UVカット効果のある日傘を選ぶのがおすすめ

3. ラッシュガード

  • UVカット機能のあるラッシュガードを着用すると、紫外線のダメージを最小限に抑えることが可能
  • ラッシュガードは通気性もよく、冷却感のある素材のものもあるため、熱中症などに注意して極力皮膚の露出を抑える

おわりに:日焼け止めや日傘、帽子などで、適切に日焼けを予防しましょう

  • せっかくの日焼け止めも、正しく塗らなければ効果は半減する
  • 普段使っている日焼け止めの塗り方を確認し、効果を得られるようにする
  • 日傘を持つ、日陰を歩くようにするなど、できることから日焼け対策をとることも大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

日焼け止めの弱点は、流れてしまうと効果がなくなってしまうことです。日焼け止めが特に必要になる夏は、汗などで流れてしまうことも多いため、2時間おきにこまめに塗り直すようにしましょう。スポーツを行うときも同様です。

また、日傘やツバの広い帽子など日焼け止め以外の予防策を取ることも大切です。自分にあったものを選び、日傘などと併用してこまめに塗り直すようにしましょう。