睡眠薬の種類と服用時の注意点、副作用について

不眠症になると、症状に合った睡眠薬が処方されます。今回はその定義や種類、起こり得る副作用や服用にあたって知っておくべき副作用のことまで、睡眠薬についてまとめて解説します。

睡眠薬とは

  • 寝つきが悪い、眠りが非常に浅いといった不眠症状を軽減・改善し、深い睡眠や入眠を助ける目的で使われる薬の総称
  • 脳と脊髄に存在する中枢神経系のGABA-A受容体という物質に作用して、脳と体の広範囲にわたって睡眠の導入と持続を助ける
  • 処方薬と市販薬、どちらでも入手可能だが、いずれも中枢神経に作用する薬剤であるため、向精神薬に分類される

睡眠薬のうち、特に作用時間が短く、入眠を助ける目的で使用されるものは睡眠導入剤と呼ばれています。こちらも心身の緊張を緩和し、入眠や深い持続した睡眠を助ける働きがあります。

睡眠薬の種類

超短時間型

特徴
  • 服用から薬が作用する時間が短く、睡眠導入剤に分類されるもの
  • 半減期(薬が体内で代謝し、排出されるまでにかかる時間)は2~4時間
超短時間型に分類される睡眠薬の種類
ゾルピデム、トリアゾラム、ゾピクロン、エスゾピクロン

短時間型

特徴
  • 薬の服用後、作用するまでの時間が比較的短いとされるもの
  • 半減期の目安は6~12時間
短時間型に分類される睡眠薬の種類
ブロチゾラム、ロルメタゼパム、リルマザホン

中時間型

特徴
  • 薬を服用後、作用するまでの時間が比較的長いとされるもの
  • 半減期の目安は12~24時間
中時間型に分類される睡眠薬の種類
フルニトラゼパム、ニトラゼパム、エスタゾラム、ニメタゼパム

長時間型

特徴
  • 薬を服用後、作用するまでの時間が最も長い
  • 効き目が長い分、半減期の目安も24時間以上と長い
長時間型に分類される睡眠薬の種類
クアゼパム、フルラゼパム、ハロキサゾラム

「超短時間型」「短時間型」の睡眠薬は、特に一時的な不眠や寝つきの悪さといった睡眠障害のときに処方されます。一方、「中時間型」「長時間型」の睡眠薬は、睡眠障害が慢性的に続いている患者に処方されます。

一般的には超短時間型・短時間型の睡眠薬から始め、症状や効き目に応じて中間型・長時間型の睡眠薬に切り替えていくことが多いです。

睡眠薬服用時の注意点は?

  • 必ず医師または薬剤師に指示された用法・用量を守る
  • 自己判断で摂取量の増量や、服用の中止は絶対にしない

また、薬の作用を必要以上に強める恐れがあるため、お酒を一緒に睡眠薬を摂取するのは非常に危険です。薬は必ず水かぬるま湯で飲み、お酒では飲まないでください。

睡眠薬で起こりうる副作用は?

持ち越し効果

  • 起床後も睡眠薬の効果が続き、寝ざめの悪さや倦怠感が残ってしまうこと
  • 特に、中時間型・長時間型の睡眠薬の使用でみられる

記憶障害

  • 記憶があいまいになったり、一時的に途切れたりする
  • 特に超短時間型や短時間型、またはお酒で睡眠薬を服用してしまった場合に起こる

早朝覚醒

  • 朝までに効果が途切れると現れる可能性がある
  • 作用時間が短い超短時間型・短時間型の睡眠薬を服用した場合に起こりやすい

反跳性(はんちょうせい)不眠、退薬症候

  • 継続して睡眠薬を服用していた場合、突然中止した反動から、不眠になること
  • 超短時間型・短時間型の睡眠薬で起こりやすい

筋弛緩作用

  • 高齢者に起こりやすい副作用
  • 服用から入眠までの間に体に力が入りにくくなるため、転倒することがある
  • 特に中時間型・長時間型の睡眠薬に起こりやすい

奇異反応

  • 攻撃的になり、興奮しやすくなってしまう
  • 特に超短時間型の睡眠薬を、お酒と一緒に服用した場合に起こる

まとめ:睡眠薬は、作用時間によって複数種が使い分けられている

  • 睡眠薬は向精神薬の一種で、睡眠障害を改善・軽減するために使われる
  • 効果の持続時間により超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型の4つに大別され、患者の不眠症状・程度によって使い分けられる
  • 睡眠障害の改善に効果がある反面、用法・用量を無視した飲み方をすると重大な副作用を生じるリスクもある
  • 医師・薬剤師の指示を守って服用するよう、念入りに伝えることが大切

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

睡眠薬は耐性が生じやすく、使うとどんどん量が増えていくので、服用は最終手段として残しておきたいところです。最初から薬に頼るのではなく、睡眠環境を整えること(部屋を完全に暗くする、寝る前にスマホを見ない、など)から始めるよう促してください。

それでも改善しない場合、まずはラメルテオンのような体内時計を整える薬剤や、超短時間型、短時間型の睡眠薬から使用するのが一般的です。中時間・長時間作用型のベンゾジアゼピンともなると、睡眠薬として使うと翌日に作用が持ち越されて強い眠気が残ってしまうため、睡眠薬というよりもパニック障害の薬として使われることが多いです。