胃の不調を改善する消化薬の働きと副作用について

胃の調子が悪くなって消化の働きが鈍くなってきたときに役立つのが消化薬です。この記事では、消化薬に含まれる成分を中心に、働きや副作用の可能性なども解説します。

消化薬とは?

  • 消化薬は、消化を助ける薬。消化酵素と同じ働きをする成分が含まれている
  • 食べ過ぎや消化不良、食欲不振、胃もたれのときに服用して症状を和らげる

食べ物に含まれる炭水化物やタンパク質、脂肪などの成分は、口腔や胃、小腸、十二指腸(膵臓)を通る間にさまざまな消化酵素によって分解され、体内でエネルギーとして消費できるように形を変えます。

しかし、何らかの原因で消化酵素が不足すると、食べ物を十分に分解できなくなります。その結果、消化不良を起こして胃痛や胃もたれ、便秘や下痢といった消化器症状を起こします。消化薬は、消化酵素と同じ働きをする成分を含むため、服用することでこうした不調を改善することができます。

消化薬の働きは?

  • 食べ物を消化するには複数の消化酵素が欠かせない
  • このため、消化薬にも複数の消化酵素が配合されている

代表的な消化酵素

アミラーゼ
  • デンプンを分解する消化酵素
  • 唾液や膵臓に含まれる消化酵素。十二指腸にも分泌されている
リパーゼ
  • 脂肪を分解する消化酵素
  • 膵臓に含まれる消化酵素。十二指腸にも分泌されている
プロテアーゼ
  • タンパク質を分解する消化酵素
  • ペプシンやトリプシン、キモトリプシンなどがある
  • 胃や膵臓、小腸に含まれている
  • 植物や果物、きのこ類の中には、プロテアーゼを豊富に含むものがある
マルターゼ
  • 麦芽糖を分解し、ブドウ糖(グルコース)に変える消化酵素
  • 唾液や膵臓、小腸に含まれる

消化薬で起こりうる副作用

  • 消化薬で副作用が起こることはあまりない
  • ただ、くしゃみや皮膚の変化(発赤、発疹など)がみられる可能性はある

消化薬は医師が処方するもののほか、薬局やドラッグストアで自分で選んで購入できるものも多くあります。症状に合う薬を選ぶにあたり、薬剤師や登録販売者に相談してみるのもおすすめです。

また、どんな薬でも副作用のリスクについては注意をしておく必要があります。薬を飲み始めてから気になる症状がみられたときには、早めに医療機関を受診しましょう。

まとめ:消化薬は食べ物の消化を助ける働きがあります

  • 消化薬は、何らかの原因で消化酵素が不足したり、作用しづらくなったときに消化酵素を補う薬
  • 服用することで、胃痛や胃もたれ、便秘、下痢といった症状を改善する
  • 消化薬の副作用が起こることはまれだが、絶対にない訳ではない。気になる症状がみられたら、医師や薬剤師に相談を

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

消化薬は脂肪などを分解する助けになりますが、頼りすぎには禁物です。いくら食べても消化薬を飲めば大丈夫ということではないので、あくまで暴飲暴食をしないように注意しましょう。副作用はほとんどありませんが、添加物などにアレルギー作用を示すこともありますから、皮膚の発疹・かゆみや嘔気・息苦しさなどには注意するようにしてください。

関連タグ