自分の悩みに合うハンドクリームの選び方は?

手の乾燥が気になる季節になると、そろそろハンドクリームを用意したいと思う方が増えてきます。ただ、薬局に行っても種類が多すぎるので、どれが自分に合うのかわからず悩んでしまう方も多いです。そこでこの記事では、乾燥肌の人のハンドクリーム選びとしてどんなポイントをお伝えすればよいかをご紹介します。

ハンドクリームに含まれる成分の特徴は?

  • ハンドクリームに配合されている成分は「保湿系」「ビタミン系」「尿素系」の3種類に分類できる

保湿系ハンドクリーム

  • コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている
  • 手に水分や油分を補うとともに、手から潤いが逃げないよう保護する
  • 手がカサカサになっている、粉をふいているなど、比較的軽度の手荒れにおすすめ

ビタミン系ハンドクリーム

  • ビタミンAやB、C、Eなどが配合されている
  • 特にビタミンAには、乾燥によって乱れた皮膚のターンオーバーを修復する働きがある
  • ビタミンが血行を促すため、冷えにも効果を発揮する
  • ひびやあかぎれなどの中度の手荒れにおすすめ

尿素系ハンドクリーム

  • 尿素が配合されたハンドクリーム
  • 尿素自体に水分を保持する効果がある
  • 肘や膝、踵など、皮膚が角化している場所で使うと、角質を柔らかくする働きがある
  • ただし、あかぎれなど傷があるところに使うと刺激になって症状がひどくなる恐れがある

正しいハンドクリームの塗り方は?

  1. 化粧水で手に水分を補う
  2. 手のひらにハンドクリームを人差し指の第一関節分ぐらい出し、両手で数秒間温める(伸びが良くなり、浸透力も高まる)
  3. 一方の手のひらをもう一方の手の甲に乗せてクリームを少しずつ伸ばす。終わったら、もう一方の手のひらと手の甲にもクリームを塗る
  4. 指を1本ずつ、指の間や関節、爪のまわりにもすりこむように塗る(指を握って、付け根から指先に向けて引っ張るようにするとよい)

まとめ:ハンドクリームの選び方や塗り方に少しこだわってみよう

  • ハンドクリームには大きく分けて3タイプある
  • 自分の手の状態に合ったハンドクリームを選んでもらうことがポイント
  • 塗るときも、手のひらや手の甲の大きな部分だけでなく、爪のまわりや関節などにも丁寧に塗るようアドバイスするとよい

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

ハンドクリームの主な目的は皮膚の保湿ですが、最近ではそれに加えてビタミンなど、さまざまな追加成分が配合されています。これらの成分はうまく体に合えばよい効果をもたらしますが、あらゆる薬剤がそうであるように副作用も必ず存在します。ハンドクリームに関して言うと、薬剤に対するアレルギーが起こる場合や、(特にビタミンAなど)強すぎて逆に肌が荒れてしまう場合などがあります。このため、試してみて合わなかったらすぐに止めることが大切です。また、いきなり高濃度の成分が含まれたクリームを使用するのも避けた方がよいでしょう。

ちなみに、皮膚科では最もアレルギーなど副作用を起こすリスクが低いクリームとしてワセリンを処方することが多いです (プロペトなど)ので、保湿だけを狙う場合はワセリンがオススメです。