肝斑治療薬「トランシーノ®︎」の入手方法とピルとの併用について

肝斑(かんぱん:顔の両側に左右対称のシミができること)は、30~40代の女性に多い肌トラブルです。もし、病院に行かずに肝斑を治療できる薬があるとしたら、挑戦してみたいですよね。この記事では、薬局で買える肝斑の薬「トランシーノ®︎」について、購入に当たって処方箋が必要かどうかや、ピルとの併用の可否などを解説していきます。

トランシーノ®︎とは

  • 第一三共ヘルスケアが開発した肝斑改善薬
  • 皮膚科医にヒアリングした結果、自社が開発したトラネキサム酸に肝斑改善効果があることがわかり、市販薬の開発を決定
  • 膨大な臨床試験を経て、製剤の効果や安定性・安全性などの立証に成功
  • 2007年に初の肝斑改善薬として発売

トランシーノ®︎の購入に処方箋は必要?

  • トランシーノ®︎は、処方箋がいらないOTC医薬品
  • ドラッグストアなどで薬剤師の説明を受ければ購入できる

トランシーノ®︎は、もともと医師の処方箋が必要な薬でしたが、最近になってOTC医薬品に変わっています。したがって、薬剤師の説明を受ければ、皮膚科医などの処方箋がなくても入手できます

トランシーノ®︎はピル服用中に飲んでも大丈夫?

  • トランシーノ®︎に含まれるトラネキサム酸には、血栓ができやすくなる副作用がある
  • しかし、ピルとトランシーノ®︎の併用によって血栓ができるケースは非常にまれである(5万人に1人の割合)

以下、2点の条件を満たしていれば、ピルとトランシーノ®︎を併用しても問題ないと考えられています。

  1. 過去に脳梗塞や心筋梗塞など、血栓に起因する疾患を発症したことがない
  2. ピル服用のために、定期的に産婦人科などで血液検査・身体検査を受けている

ただし、病院・医師の中には、併用のリスクに考慮して、ピル服用中にトランサミン®︎(トランシーノ®︎とほぼ同じ成分の薬)の処方を控えているところもあります。心配される方がいたら、念のため医師に相談してみるよう促しましょう。

まとめ:トランシーノ®︎は処方箋がなくても購入できます

  • トランシーノ®︎はドラッグストアで入手できるOTC医薬品
  • 肝斑を改善する効果が証明されている
  • 血栓による既往歴がなければ、基本的にピルと併用も可能
  • ただし、気になるときは服用前に医師に相談を促す

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

トランシーノ®︎などOTC医薬品は簡単に購入できるため患者さんには大きな利点があります。しかし、中にはトランシーノ®︎とピルのように他の薬剤と併用することで気づかぬうちに副作用のリスクが上昇することがあります。患者さんにとって気軽に手に入れられるOTC薬ほど注意喚起が必要と思われます。