ホスホマイシン系抗菌薬の働きと副作用ついて

細菌に作用する抗菌薬には、さまざまな種類があります。この記事では、ホスホマイシン系抗菌薬について、その働きやどんな治療薬があるか、そして想定される副作用について解説します。

ホスホマイシン系抗菌薬の働き

  • ホスホマイシン系抗菌薬は、ペプチドグリカン(細胞壁を合成する主な物質)の働きを初期の段階で妨害することで抗菌作用を発揮する薬
  • プロテウス菌、セラチア菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌など、比較的多くの病原菌に効果がある
  • 同じ効果を得るために徐々に投与する量を増やしていかなければならないということもない

ホスホマイシン系抗菌薬は、嫌気性菌が繁殖しやすい場所でも活発に働き、特に腸管感染症に有効な抗菌薬といわれています。注射剤、内用薬は血液感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症など、広範囲の感染症治療に、点耳剤は外耳炎や中耳炎の治療に用いられています。

主なホスホマイシン系抗菌薬

  • ホスホマイシン系抗菌薬として、ホスホマイシンカルシウム(商品名:ホスミシン®︎、ホスミシン®︎S)がある
  • ホスホマイシンカルシウムには、錠剤やシロップのほか、点滴静脈注射用のものがある
  • 中耳炎や外耳炎の治療には、点耳薬が処方されることもある

ホスホマイシン系抗菌薬の副作用

  • 皮ふ症状:発疹、かゆみ、じんましんなど
  • 消化器症状:下痢、吐き気、腹痛など
  • 肝機能障害:全身倦怠感、食欲不振、黄疸など

ホスホマイシンの注射製剤はナトリウムを含むため、心不全、腎不全、高血圧などの持病がある方は特に注意が必要です。血管痛、潮紅、発熱、腎機能障害、知覚減退なども報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

そのほか、まれに呼吸困難や血圧低下、動悸息切れ、のどの痛み、歯ぐきの出血、発作的な筋肉の収縮などがあらわれたら、重大な副作用の初期症状である可能性があります。使用をやめてすぐに医師の診察を受けましょう。

まとめ:細菌の細胞壁の合成を初期の段階で止める抗菌薬で、多くの感染症などに使われる

  • ホスホマイシン系抗菌薬は、細胞壁を合成する主要な物質の働きを初期の段階で妨害することによって抗菌作用を発揮する
  • 注射剤や内用薬としてさまざまな感染症に用いられるほか、点耳剤として外耳炎や中耳炎の治療にも使われている

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

ホスホマイシンはよく処方される内服抗菌薬の一つですが、経口生物学的利用能(内服したうちのどれだけが利用されるか)は40%程度と低く、使用にあたっては過信は禁物です。また、内服抗菌薬の常として、使用後に余るということがよくありますが、処方された時と違う感染症に使うのは禁物です。同じ場合に使うとしても症状がよくならない場合は、特に注意が必要です。たとえば膀胱炎に対して処方してもよくならないなど、腎盂腎炎まで進展していると効果が不十分となることもあります。使いやすい薬ですが、他の抗菌薬と同じく、処方された感染症に対して、処方された期間服用するよう念押ししましょう。