アレルギー症状の緩和に処方されるザイザル®︎の特徴や副作用は?

ザイザル®︎はアレルギー症状を抑える目的で処方される薬です。この記事では、ザイザル®︎の特徴や副作用を解説します。

ザイザル®︎ってどんな薬?

  • ザイザル®︎は、花粉症をはじめ、さまざまなアレルギー症状(ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹のかゆみなど)を抑える抗ヒスタミン薬
  • ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きを抑えてアレルギー症状を緩和する
  • 対処療法薬のため、原因そのものを治療することはできない。したがって、服用をやめると症状が再発する

ザイザル®︎の特徴は?

  • ザイザル®︎は、抗アレルギー薬に分類される第2世代抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)
  • 比較的速効性があり、持続時間も長い
  • 特にくしゃみや鼻水に対する効果が高く、鼻詰まり・目のかゆみにも効果を発揮する
  • ヒスタミン受容体に対する選択性が高いため、第1世代抗ヒスタミン薬で起こる副作用(口の渇きや排尿障害など)がほとんどみられない
  • 眠気の副作用もやや軽減されている
  • アトピー性皮膚炎にも、かゆみ軽減の目的で処方される

第2世代の抗ヒスタミン薬として、セチリジン(商品名:ジルテック®︎)と似た構造を持っています。ただ、ザイザル®︎はジルテック®︎の半量で同等の効果が得られるため、セチリジンの代わりに処方されることが増えてきました。

ザイザル®︎服用中に起こりうる副作用は?

  • ザイザル®︎の副作用は少ないものの、人によっては翌朝に眠気や倦怠感が残ることがある
  • 重い副作用が出ることはまずないが、服用期間が長くなる場合は定期的に肝機能の検査を受ける
  • もし、ひどい倦怠感・吐き気・皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)といった症状がみられたら、すぐ医師に連絡する
  • 喘息治療薬のテオフィリン®︎、エイズ治療薬のリトナビル®︎などと相互作用を起こす可能性がある
  • 抗不整脈薬のピルジカイニドと併用すると、両方の血中濃度が上昇し、ピルジカイニド副作用が出たという報告がある
  • 安定薬・睡眠薬など脳神経を鎮める薬と併用すると、眠気やふらつきなど神経系の副作用が強まるリスクがある

服用時の注意点

  • 眠気の副作用を出やすくするため、飲酒は控えた方が良い
  • 花粉の症状が出なくなったと思っても、自己判断で服用を中止せず、医師の指示に従う
  • 眠気や集中力・注意力の低下を引き起こすこともあるため、車の運転や危険な機械の操作などは控える

まとめ:ザイザル®︎は花粉症をはじめとしたアレルギーに作用する抗ヒスタミン薬です

  • ザイザル®︎は、花粉症だけでなくさまざまなアレルギー症状を抑えることができる第2世代の抗ヒスタミン薬
  • 第1世代と比べ、口の渇きや排尿障害などの副作用が弱い
  • 副作用として、軽い眠気やだるさなどが現れることがあるが、重い副作用はほとんどない
  • 長期にわたって飲み続ける場合は、定期的に肝機能の検査を受けるとよい

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

ザイザルは副作用が少なく、多くの方がアレルギー性鼻炎に対して内服しています。しかし、いくら副作用が少ないといっても、使用頻度がとても高い薬剤なので、どのような予期せぬ副作用が生じうるかは知っておく必要があります。特に、眠気と、肝機能障害、テオフィリンとの飲み合わせに注意が必要だと思います。