美白効果があるトラネキサム酸、実は止血薬としても使われてるの?

美白に効果があると言われるトラネキサム酸、実は止血薬としても使われることがあります。この記事では、トラネキサム酸の働きとともに、止血薬として使う場合の副作用や使用上の注意点を解説します。

トラネキサム酸とは

  • トラネキサム酸は必須アミノ酸のリシンをもとに人工的に合成されたもの
  • フィブリン(血液を固める成分)が分解するのを抑える働きがある
  • 炎症を引き起こす「プラスミン」を抑える抗プラスミン作用もあるため、のどの痛み、腫れ、口内炎などへの効果も期待される

トラネキサム酸の2つの働き

  1. 血液を溶かす物質である「プラスミン」の働きを抑えて止血する
  2. アレルギーや炎症を抑える

トラネキサム酸は、手術中・術後の異常出血、再生不良性貧血、白血病などによる出血傾向、また鼻出血、腎出血、前立腺手術中・術後の出血などによる異常出血など、さまざまな部位の止血に使われています。

また、プラスミンは炎症やアレルギー症状にも関わっているため、トラネキサム酸でプラスミンの働きを弱めることで、口内炎やのどの痛み、蕁麻疹や湿疹などを抑える効果も期待できます。

トラネキサム酸服用時に起こりうる副作用

  • 発疹
  • 胸やけ
  • 嘔吐
  • 食欲不振

上記のほか、まれに発作的に筋肉が収縮する場合があります。このような症状がみられたら、すぐに医師や薬剤師へ相談しましょう。

まとめ:トラネキサム酸は、止血や炎症の緩和に効果が期待される薬です

  • トラネキサム酸の抗プラスミン作用により、止血や口内炎、湿疹といった炎症の緩和に効果を発揮する
  • ただし、副作用が起こる可能性もあるため、気になる症状がみられたら医師・薬剤師に相談を

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

トラネキサム酸は出血後すぐに使用することによって主に止血作用を発揮します。注射用の薬については外傷や手術で大量出血した場合も出来るだけ早くに投与することが推奨されています。内服薬も存在し、例えば月経や不正出血で量が多い場合などに処方されることもあります。ただあくまで対症療法の一つなので、出血にせよなんにせよ症状が重い場合は自己判断せず病院へかかるのがよいでしょう。