抗生物質と抗菌薬の違いと主な副作用について

抗生物質と似た言葉に「抗菌薬」があり、これらの違いに疑問を持ったことがある方もいるかもしれません。この記事では、抗生物質と抗菌薬の違いとともに、抗生物質の概要や副作用などをご紹介します。

抗生物質とは

  • 抗生物質とは、細菌などの微生物の生命と拮抗する(殺す)物質のこと
  • 現在は50種類ほどの抗生物質が使われており、β-ラクタム系、テトラサイクリン系などに分類されている
  • 細菌を殺す効果はあるが、ウイルスを殺す効果はない(ウイルスに効果があるのは抗ウイルス薬)

抗生物質と抗菌薬との違い

抗菌薬

  • 細菌を抑制したり、殺したりする薬

抗生物質

  • 抗菌薬のうち、生き物(細菌や真菌など)から作られる薬

合成抗菌薬

  • 抗菌薬のうち、科学的に合成されて作られる薬

このようにまずは抗菌薬があり、この中に抗生物質と合成抗菌薬があります。厳密にはこのような違いがありますが、日常生活ではこれらを区別しなくても問題ありません。

抗生物質の服用で起こりうる主な副作用

  • 抗生物質の主な副作用として胃腸症状(胃のムカつき、吐き気、下痢、便秘、腹痛、消化不良など)がある
  • 抗生物質の成分によって胃粘膜が傷ついたり、胃酸の働きを強めたりするため。特に空腹時は出やすい
  • 皮膚のかゆみ、湿疹、じんま疹などもよくみられる

胃のムカつき、胃もたれ、吐き気などは、よくみられる副作用です。重症の場合はすぐに医師へ相談すべきですが、軽度の場合は、「食後に抗生物質を飲む」「コーヒーやお茶の代わりに牛乳を飲む」といったことで対処できます。

下痢や消化不良の場合は、抗生物質によって腸内環境が崩れている可能性があります。このため、「消化の負担が少ない食事にする」、「ヨーグルトなどの乳酸菌飲料を飲む」などをして、できる限り腸内を良い状態に保つ必要があります。

また、皮膚のかゆみなどは抗生物質の服用によって肌が乾燥しやすくなるために起こります。爪などで刺激するとかゆみを強めてしまうので、かゆくても我慢しましょう。

副作用が疑われる症状がみられたら、服用を中断してすぐに医師や薬剤師に連絡するよう伝えます。我慢して服用し続けると対処が遅れて重症化する恐れがあります。些細な症状であっても、不安や違和感があれば早めに相談するように心がけましょう。

まとめ:抗生物質を処方されたら、きちんと飲みきるのが重要です

  • 抗生物質と抗菌薬はほぼ同じものだが、厳密には天然の細菌・真菌から作られたか、人工合成したものかに違いがある
  • 副作用として、胃腸や皮膚に不調が現れることがある

近年、抗生物質の耐性菌が問題となっていますが、これは不必要な抗生物質を使用していたり、処方された抗生物質を飲まなかったりすることで起こります。「何のために抗生物質を飲むのか」をきちんと確認し、処方された抗生物質は必ず飲みきるようにしてください。

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

抗生物質と抗菌薬の違いは実質あまりありませんので、さほど気にしなくてよいでしょう。

さて、抗菌薬の最も重要な副作用はアレルギーです。アレルギー反応の重症型、アナフィラキシーでは皮膚症状、消化器症状、呼吸器症状が出現するので、特にこれらの症状についてきちんと説明しておく必要があります。また、薬剤アレルギーがあると患者さんに言われた場合はどんな症状かを確認しておきましょう。

そして、抗菌薬処方の上でもう一つ大切なことは、処方された期間きちんと服用することです。症状が落ち着いたからといって、途中でやめてしまうとその後ぶり返す恐れがあります。最悪の場合、もともとの感染症がぶり返して熱が出ているのか、それとも他の原因なのかと判断しあぐねているうちに重症化してしまうこともあります。

副作用の下痢などが出た場合内服をやめてしまうことも多いのですが、その場合は必ず処方した医師に連絡して判断を仰ぐよう、一言付け加えておくと安心です。