薬のことならなんでも相談できる「かかりつけ薬剤師制度」とは

かかりつけの医師がいると安心、という話を聞いたことはある方も多いと思います。でも、かかりつけ薬剤師制度があることは、意外と知られていないかもしれません。この記事では、かかりつけ薬剤師制度がどのようなものかや、どんなことをお願いできるのかなどをご紹介します。

かかりつけ薬剤師制度とは?

  • かかりつけ薬剤師とは、ひとつの薬局で継続的に、患者さんが使用している薬を把握したり、相談にのってくれる薬剤師のこと。薬に関する情報や使用法の管理を「お薬手帳」などでサポートしてくれる
  • 処方薬のほか、市販薬や健康食品、サプリメントの相互作用なども相談できる
  • 毎回同じ薬剤師が対応するため、薬を購入するときにも心強い存在となる

かかりつけ薬剤師制度は、平成28年にスタートした新しい制度です。本来は自分が服用する薬のことを自分でしっかり理解することが望ましいのですが、服用する薬の種類が増えてくると、理解するのも大変になります。そこで、薬の専門知識を持ったかかりつけ薬剤師をつけ、サポートを受けることで、薬に関する情報管理をきちんと行いながら負担を軽減できることが期待されています。

また、薬などの相談をかかりつけ薬剤師だけに絞ることで、健康面の相談というデリケートな事柄を不特定多数の人に相談せずにすむ、という安心感もあります。

かかりつけ薬剤師ができること

薬の管理、体調のチェック

  • 使用している薬や処方された時期を相談・管理する
  • 薬の情報をまとめて管理することで、薬の飲み合わせや重複、相互作用の確認がスムーズになる
  • 服薬後にあらわれた効果や体の変化を伝えると、注意すべき点がないか確認してくれる

電話や自宅で相談できる

  • なかには休日や夜間など、開局時間外でも相談に応じている薬局がある
  • 必要に応じて、時間外でも処方箋に基づいて薬を処方してくれることもある
  • 在宅医療で外出がままならない方も、かかりつけ薬剤師が自宅訪問することもあるため、対面で相談できる

医療機関との連携サポート

  • かかりつけ薬剤師が医師からの処方箋を確認し、必要に応じて医師へ問い合わせや提案を行う
  • 服薬後の体調の変化や、健康上の相談内容によっては、かかりつけ薬剤師が医療機関の受診をおすすめすることもある
  • 地域の医療機関と連携している薬局もある

かかりつけ薬剤師になってもらうための手続きは?

  • かかりつけ薬剤師制度を利用するには薬局での指名が必要
  • 薬剤師のうち、国が定めた要件を満たしている人だけがかかりつけ薬剤師になれる

かかりつけ薬剤師の要件

  • 薬剤師としての薬局勤務が3年以上
  • その薬局に週32時間以上勤め、かつ1年以上在籍している
  • 医療に関する地域活動に参画している
  • 薬剤師研修認定等を取得している

かかりつけ薬剤師の探し方はさまざまです。いつも訪れている薬局で顔見知りになった薬剤師にお願いしたり、薬の相談会を開催している薬局で質問しながら探す方法などがあります。

かかりつけ薬剤師制度でかかる費用は?

  • かかりつけ薬剤師制度では、薬剤服用歴管理指導料に代わって「かかりつけ薬剤師指導料」が発生する
  • 医療費が3割負担の場合、かかりつけ薬剤師指導料は60円または100円程度

まとめ:かかりつけ薬剤師のサポートで、薬に対する不安を解消しよう

  • 薬は病気や体の不調を和らげてくれるものだが、副作用や飲み合わせによっては体に害を及ぼす危険性がある
  • 飲んでいる薬の成分や飲み合わせ、使用しているうちに感じた疑問などは、信頼できるかかりつけ薬剤師に相談し、不安や疑問を解消するのがおすすめ

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

医師と同様、薬剤師さんも同じ人にずっと診てもらえることには多くのメリットがあります。たとえば、さまざまな病院・診療所から薬をもらっている場合、効能が同じものを処方された際などに必要性について適切に医師に相談してもらえるなどの効果が見込めます。相談しやすくなることもそのひとつと言えます。ぜひご自身のかかりつけ薬剤師さんを探してみてください。