薬のことならなんでも相談できる「かかりつけ薬剤師制度」とは

かかりつけ医は知っていても、かかりつけ薬剤師制度があることは意外と知られていません。この記事では、かかりつけ薬剤師制度について解説します。

かかりつけ薬剤師制度とは?

  • かかりつけ薬剤師とは、ひとつの薬局で継続的に、患者が使用している薬を把握したり相談にのったりする薬剤師のこと
  • 薬に関する情報や使用法の管理を「お薬手帳」などでサポートする
  • 処方薬のほか、市販薬や健康食品、サプリメントの相互作用などの相談にも対応する
  • 毎回同じ薬剤師が対応する

かかりつけ薬剤師制度は、平成28年にスタートした新しい制度です。本来は患者自身が服用中の薬のことを理解しておくのが望ましいのですが、服用する薬の種類が増えると把握するのが大変になります。そこで、薬の専門知識を持ったかかりつけ薬剤師が薬に関する情報管理をきちんと行い、患者の負担を軽減することが期待されています。

また、薬などの相談をかかりつけ薬剤師だけに絞ることで、健康相談という個人的な事柄を不特定多数の人に相談せずに済む、という安心感もあります。

かかりつけ薬剤師の業務内容は?

薬の管理、体調のチェック

  • 使用している薬や処方された時期を相談・管理する
  • 薬の情報をまとめて管理し、薬の飲み合わせや重複、相互作用を確認する
  • 服薬後にあらわれた効果や体の変化を聞き取ってアドバイスする

電話相談・開局時間外の相談に応じる

  • 休日や夜間など、開局時間外でも相談に応じる場合もある
  • 必要に応じて、時間外でも処方箋に基づいて薬を処方する
  • 在宅医療を受けている患者の自宅を訪問し、対面での相談に応じる

医療機関との連携サポート

  • 医師の処方箋を確認し、必要に応じて医師へ問い合わせや提案を行う
  • 服薬後の体調の変化や、健康上の相談内容に応じて、かかりつけ薬剤師が医療機関の受診を勧めることもある
  • 地域の医療機関と連携している薬局もある

かかりつけ薬剤師になるには?

  • かかりつけ薬剤師制度を利用してもらうには、薬局での指名が必要
  • 薬剤師のうち、国が定めた要件を満たす人だけがかかりつけ薬剤師になれる

かかりつけ薬剤師の要件

  • 薬剤師としての薬局勤務が3年以上
  • その薬局に週32時間以上勤め、かつ1年以上在籍している
  • 医療に関する地域活動に参画している
  • 薬剤師研修認定などを取得している

かかりつけ薬剤師制度でかかる費用は?

  • かかりつけ薬剤師制度では、薬剤服用歴管理指導料に代わって「かかりつけ薬剤師指導料」が発生する
  • 医療費が3割負担の場合、かかりつけ薬剤師指導料は60円または100円程度

まとめ:かかりつけ薬剤師をつけるメリットを伝え、薬に対する不安を解消してもらいましょう

  • 薬は病気や体の不調を和らげてくれる反面、副作用や飲み合わせによっては体に害を及ぼす危険性がある
  • 飲んでいる薬の成分や飲み合わせ、使用しているうちに感じた疑問などは、信頼できるかかりつけ薬剤師に相談し、不安や疑問を解消してもらう

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
前田 裕斗 先生

医師と同様、薬剤師さんも同じ人にずっと診てもらえることには多くのメリットがあります。たとえば、さまざまな病院・診療所から薬をもらっている場合、効能が同じものを処方された際など、必要性について適切に医師に相談してもらえるなどの効果が見込めます。相談しやすくなることもそのひとつと言えます。