ノロウイルスの感染拡大を防ぐ消毒方法と手洗いのコツは?

毎年冬に猛威を振るうノロウイルス、ノロウイルスの感染や二次感染を防ぐには、正しい消毒方法や予防方法を知っておくこと大切です。この記事では、ノロウイルスを予防するポイントを紹介します。

ノロウイルスを消毒するには?

  • ノロウイルスは、ノンエンベロープウイルスの一種
  • ノンエンベロープウイルスはアルコール消毒や熱への抵抗力が高いため、通常のアルコール消毒では除去できない
  • ただし、最近ではノンエンベロープウイルスにも効く酸性アルコール消毒剤が開発・販売されている

ノロウイルスの消毒方法

  • ノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効
  • 次亜塩素酸ナトリウムは、市販の「家庭用塩素系漂白剤(濃度約5%)」に含まれている

消毒薬の作り方

ドアノブ消毒用
水2.5L(500mlのペットボトル5本)と、家庭用塩素系漂白剤10mL(ペットボトルのキャップ2杯分)を混ぜれば完成
消毒液の濃度は200ppm
吐瀉物や便の付着箇所の消毒用
水0.5L(500mlのペットボトル1本)と、家庭用塩素系漂白剤10mL(ペットボトルのキャップ2杯分)を混ぜれば完成
消毒液の濃度は1000ppm

消毒する際の注意点

  • 消毒の際は必ず換気する
  • 使い捨てのエプロンやマスク、手袋、靴カバーを装着する
  • 対象となる吐瀉物や便にペーパータオルを被せて全体を覆い、1000ppmの消毒液をかける
  • ちりとりやへらなどを使って全て除去したら、二重にしたビニール袋に入れ、消毒液を上からかけ、口を縛る

嘔吐した場所から半径3mの範囲にも、200ppmの消毒液とペーパータオルで消毒してください。消毒が終わったら手袋などを外し、同じビニール袋に入れて消毒処理します。

なお、この消毒液には漂白作用があります。衣類などを消毒する場合は、85℃以上の熱湯消毒を行いましょう。また、消毒液は時間が経つと効力が落ちる恐れがあるので、必ず使い切るようにしてください。

スプレー消毒に要注意!
消毒液をスプレー容器に入れると、噴霧時に目に入る危険性がある
理想は噴霧ではなく直接消毒液を使うこと。どうしてもスプレーを使いたい場合は、必ずゴーグルを着用する

ノロウイルス予防のための手洗いのコツは?

  • ノロウイルスは、人の手や指を介して感染が拡大するため、手洗いは感染予防の観点からも重要
  • 特に、トイレの後と食事の前は忘れずに手を洗う
  • 食べ物に触れる前にもしっかり手洗いする

正しい手洗いの方法

  1. 流水で手を洗う
  2. 両手を洗うのに十分な石鹸を手に取り、手を洗う
  3. 手のひら、指の腹を洗う
  4. 手の甲、指の背を洗う
  5. 指の間、側面、付け根を洗い、親指と親指の付け根も洗う
  6. 指先と爪の間も汚れがとれるまで丁寧に洗う
  7. 手首の内側、側面、外側を洗う
  8. 石鹸で全て洗い終わったら、流水でよく洗い流す
  9. 手をタオル等で拭き、乾燥させる
  10. 余裕があれば、2回手を洗うと効果がアップする

ノロウイルスの予防に手洗いやマスクが効果がない、と言われることもあります。確かに、石鹸や消毒用アルコールでノロウイルスが死滅することはありませんし、ノロウイルスは小さいので通常のマスクではすり抜けてしまいます。

しかし、手洗いやマスクに予防効果がないわけではありません。ウイルスは指先よりも手首周辺に付着しやすいので、手首までしっかり洗いましょう。また、ノロウイルスは、ホコリや水滴に乗って空気中を漂っているため、通常のマスクでもある程度防ぐことは可能です。

まとめ:正しい消毒と手洗いで、ノロウイルス感染を予防しよう

  • 手洗いと正しい消毒は感染症予防の基本であり、ノロウイルスの予防にも効果が期待できる
  • 食事の前やトイレの後には必ず手を洗う、吐瀉物やドアノブは適切な消毒液を使って処理することを心がければ、感染予防できる

医師から薬剤師の方々へコメント

山本 康博 先生
東京大学医学部卒 呼吸器内科医
山本 康博 先生

ノロウイルスの感染力はものすごく強く、嘔吐物から非常に広範囲にウイルスが広がります。「ノロウイルス 範囲」などと検索していただくとよくわかると思います。

その広がったウイルスが付着しているところを手で触ってしまい、それが口に移ることで感染します。したがって手洗いが最後の砦であり非常に重要です。
また、冬場になりますとどこにノロウイルスがついているかはわかりません。原始的ですが、手洗いがシンプルながら最も効果的な予防法となります。