骨粗鬆症治療薬としての「ビタミンK製剤」の特徴は?

骨粗鬆症治療薬のひとつに、ビタミンK製剤があります。この記事では、ビタミンK製剤と骨との関わりや治療薬の種類、服用時の注意点を紹介します。

ビタミンK製剤とは

  • 骨粗鬆症は、骨密度低下や骨質の劣化によって骨の強度が低下してもろくなり、骨折しやすくなる病気
  • ビタミンK製剤は、体内にビタミンKを補うことで、もろくなった骨を丈夫にする
  • 油に溶けやすく、骨の代謝や血液を固める働きを助けて、骨の生成や破壊の抑制、骨を強くする働きを持つ

ビタミンKは不足しにくいビタミンですが、加齢や女性ホルモン(エストロゲン)の不足、運動不足などによって、骨の維持に必要な代謝のバランスが崩れやすくなります

骨粗鬆症の治療で服用するビタミンK製剤は?

  • 骨粗鬆症の治療で使われるのは、カプセル剤のメナテトレノン(商品名:グラケー®)
  • グラケー®はビタミンK2の高単位製剤。腰痛や背中の痛みの改善とともに、骨密度の増加や骨折予防効果も期待できる
  • ジェネリック医薬品もある

ビタミンK製剤「グラケー®︎」で起こり得る副作用は?

  • グラケー®の作用は穏やかで副作用もほとんどなく、老人性の軽い骨粗鬆症に適している
  • 消化器症状(胃の不快感、吐き気、軟便、下痢など)がみられることもあるが、重大な副作用にはならない。ただし、もし発疹や発赤、かゆみやむくみなどがあらわれた場合は、医師に連絡する
  • 抗凝固薬のワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン®)との併用は原則としてできない

ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン®)は、体内でビタミンKの働きを抑えて血液をサラサラにする薬のため、原則としてビタミンK製剤と併用できません。ただし、ワルファリンカリウム投与中に低トロンビン血症が起きた場合は投与されることがあります。

まとめ:ビタミンK製剤は、骨の生成や破壊を抑制するだけでなく、骨を丈夫にします

  • ビタミンK製剤は、骨の代謝や血液を固める働きを助け骨を作ったり、骨が破壊されるのを抑える作用を持つ
  • 主に骨粗鬆症の治療に使用されるのは、メナテトレノン(グラケー®)
  • 腰痛や背中の痛みが改善するとともに、骨密度の増加や骨折予防効果も期待できる
  • 作用がおだやかで副作用もほとんどなく、老人性の軽い骨粗鬆症治療に向いている
  • 抗凝固薬と併用できない

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

日本では研究結果に基づき、ビタミンKが骨粗鬆症の治療に広く使われています。主に閉経後女性で骨密度の上昇や骨折リスクの低減があるという結果ですが、必ずしも一定した結果ではなく、効果がないという研究もあります。骨粗鬆症の第一選択薬ではありませんので、あくまで補助や、ごく軽い症例に使われる、という認識でいるのがよいでしょう。