禁酒するにはどんな方法がおすすめ?

お酒は「いけないなぁ…」と思いつつも、なかなかやめられないもののひとつ。肝臓をいたわるために、あるいはダイエットのために禁酒する場合、どのような方法なら成功するのでしょうか。

どんな禁酒方法がおすすめ?

ストレスの原因を処理する

  • 普段ストレスが溜まっている人ほど、お酒を飲んで発散したくなりやすい
  • 飲酒による快感は一時的なもので、根本的なストレスは解消しない
  • ストレスの原因ときちんと向き合って、解決策を考えることが重要

新しい趣味を持つ

  • ストレスの根本原因を解決するのが難しい方や、時間があるとなんとなくお酒を飲んでしまう方は、新しい趣味を見つけるのもおすすめ
  • 好きなことに打ち込むことでストレスを発散するとともに、お酒に依存する時間も徐々に減らすことができる

運動する

  • ストレスから飲酒をしてしまう方や、夜寝付けないために飲酒をしてしまう方に特におすすめ
  • 毎日適度に体を動かす時間をつくると心身のストレスが軽減され、ほどよい疲れで入眠しやすくなる

飲み会は断る

  • 禁酒を成功させるために、飲み会は断る
  • ノンアルコールビールを提供するお店も増えているが、同席した人のお酒につられて飲んでしまうリスクがある
  • 先約があることや体調がよくないことを理由に断るのがおすすめ

ノンアルコールビールで禁酒してもいい?

ダイエット目的の場合

  • ノンアルコールビールでの禁酒はおすすめできない
  • ノンアルコールビールの中には、味付けのために糖類が含まれているものがあるため、大量に飲むと糖質を摂取しすぎてしまう
  • ノンアルコールビールに含まれる添加物(人工甘味料や着色料、酸化防止剤など)を代謝するために体内のビタミンやミネラルが消費されてしまうと、ビタミンやミネラルの不足によって糖質の代謝が低下してダイエット効果が減ってしまう可能性も

アルコール依存症の場合

  • アルコール依存症の方もノンアルコールビールでの禁酒は要注意
  • ノンアルコールビールにアルコールはほぼ含まれていないが、ビールのような味で飲酒欲求が刺激され、お酒に溺れる生活に逆戻りしてしまうリスクを否定できない
  • どうしても飲みたい場合は、必ず主治医に相談を

まとめ:飲酒の理由によって有効な禁酒方法は異なります

  • ストレスやなんとなくの習慣など、お酒を飲む理由によって有効な禁酒方法は異なる
  • どうしても禁酒できない場合は、減酒外来などの専門外来を受診するよう促してみるのも一案

医師から薬剤師の方々へコメント

前田 裕斗 先生
国立成育医療研究センター フェロー
前田 裕斗 先生

禁酒するのに最も効果的な方法は、「買わないこと」「飲み会に行かないこと」です。

実物を目にしたり、他の人が飲んでいるのを見ると、どうしても飲みたくなってしまうものです。でも、ほんのちょっとでも飲んでしまうと、飲酒生活に逆戻りになってしまいます。このことを踏まえると、ノンアルコールビールは禁酒をサポートするというより、お酒を飲む生活に戻る一歩を自ら用意してしまっているといえるかもしれません。

とはいえ、お酒のやめ方に絶対の方法はありません。まずは普段飲んでいたアルコール飲料をノンアルコールビールに変え、徐々にノンアルコールビールを飲まない日を増やしていくのも、禁酒を成功させる方法のひとつになると思います。相手の様子や性格、普段のクセなどを聞き取りながら、最適な禁酒方法を提案してみましょう。